2015.11.12

日本代表の新ユニフォームが発表、テーマは“調和”と“個性”…シンガポール戦でお披露目

日本代表の新ユニフォーム(左:ホーム、右:アウェー)
サッカー総合情報サイト

 アディダスは12日、サッカー日本代表が着用する新ユニフォームを発表した。

 約2年ぶりに新調された日本代表のユニフォーム。テーマが青の“調和”とされたホームモデルはアディダスが手掛けてきたサッカー日本代表ユニフォーム史上、最も濃い青を用いたボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配している。中央の赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表している。赤のラインはフットサル日本代表が黄色、なでしこジャパンがピンク色となる。また、襟裏には2018FIFAワールドカップ ロシアに導く先導者の象徴として、三本足の烏の羽をプリントしている。

 アウェーユニフォームは青の“個性”がテーマ。伝統の白を用いたボディーの前面に、ダイヤモンドの輝きから発想を得た、個性的な青の総柄グラフィックを配したデザイン。ダイヤの輝きをモチーフにしたグラフィックにより、11人の選手の輝く個性を表現。こちらの襟裏には2018FIFAワールドカップ ロシアに導く先導者の象徴として、“未来”を表現した飛翔する三本足の烏をプリントしている。

 同ユニフォームは12日に行われるロシア・ワールドカップ、アジア二次予選のシンガポール戦でお披露目される。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る