サッカーゲームキングジャック6月号
2015.06.12

「お前は29歳で消える」先輩・中村俊輔の言葉をバネに“カズ越え”目指す岡崎

岡崎
イラク戦でチーム3点目を決めた岡崎 [写真]=兼子愼一郎
日本代表から海外まで幅広くフォローするフリーライター。

文=元川悦子

 開始5分に生まれた本田圭佑(ミラン)の電光石火のカウンター弾、4分後に香川真司(ドルトムント)の左CKから飛び出した槙野智章(浦和)の2点目と、11日のイラク戦(横浜)の日本代表は凄まじいスタートダッシュを披露。前半20分間は相手を全くと言っていいほど寄せつけなかった。

 そのアグレッシブさが少し低下し、停滞感が漂い始めた32分、試合を決める3点目を奪ったのが岡崎慎司(マインツ)だった。柴崎岳(鹿島)の縦パスを受け、強気のドリブルで突進した宇佐美貴史(G大阪)がギリギリのところで出してくれたボールを左足一閃。GKに当たるおまけがついたが、こういう決定機を逃さないのが、ブンデスリーガ2シーズン連続2桁得点を挙げた点取屋たるゆえんだ。

「選手が前を向いた時に2~3人がトップスピードでダッシュしてくるっていうのが、今日の一番いい形だったんじゃないかと。誰かが1人かわしたことで、何人かがフリーになるっていうのが多かったんじゃないかと思うんですけど、あそこも数的優位を作って、宇佐美がいいパスをくれたからあの得点につながった。ただ、シュートシーンでは逆サイド狙ったんですけど、コースが甘かった。もうちょっと正確に打ち分けられるようにしたいですね。久しぶりに1対1が来たんで。マインツではあんまりなかったから、やっぱり練習はつねに大事だと思います」と彼は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任後3試合連続となるゴールを反省交じりに振り返っていた。

 これで国際Aマッチ通算44得点。日産スタジアムで生観戦したカズ(三浦知良=横浜FC)の55点まであと11点、釜本邦茂の75点まであと30点と、着々とトップ2に迫りつつある。16日から始まる2018年ロシア・ワールドカップ予選の相手はシンガポールやカンボジアなど格下と目されるチームが多いだけに、カズ越えは時間の問題のようにも思える。

「これで44点目?欲を言えば、もっと決めれたんで、そっちの方が反省かなと思います」と本人はいつも通りの謙虚な姿勢を失わなかった。

 清水エスパルス時代の盟友・太田宏介(FC東京)も「今みたいに世界で活躍するようになっても満足しないし、天狗にならない。そこがオカちゃんのすごいところ」と指摘したが、どんな時もチャレンジャー精神を失わないからこそ、彼は成長し続けられる。今回は代表から漏れた今野泰幸(G大阪)も「岡崎のこと嫌いな人はいない。あのプレースタイルを見てたら、応援したくなるような選手じゃないですか」と泥臭くハードワークを厭わない姿を前向きに受け止めていたが、彼ら仲間たちも彼から多くのことを学んでいるのである。

 こうして前へ前へ突き進んでいる岡崎に、あえて厳しい発言をした選手がいる。日本代表の偉大な先輩、中村俊輔(横浜FM)だ。

「俊さんに『お前は今29歳だけど、ここから消えてく』って。『お前みたいなタイプは足が重くなってムリになっていく』と。前に会った時にそう言われたんですよ(苦笑)。確かに体の疲労とか、今までにないくらい難しかったりする。長くやっていくためにはここからが正念場かなと思うんです。俊さんの(国際Aマッチ)99試合(実際は98)とか見てると本当にどうなるか分かんない。俊さんも僕もそうだけど、サッカー小僧で、どうしてもサッカーのことを考えてしまう。何か違うことを考えるのも大事だし、ストレッチだったり自分の体を知っていくことも重要になるのかなと思います」

 2008年10月のUAE戦(新潟)で岡崎が代表デビューを飾った頃、中村俊輔は30歳の大台を迎えたが、まだまだ日本のエースとして力強く君臨していた。その俊輔が2009年夏にスペイン・エスパニョールへ移籍して試合出場機会を失い、けがを繰り返したことで、一気にパフォーマンスが低下。31歳で迎えた2010年南アフリカワールドカップでベンチを温める羽目になった。その苦悩の一部始終を岡崎は間近で見ることをになった。だからこそ、彼自身は先輩の愛ある苦言をバネにフィジカルコンディションを維持しつつ、ゴールを奪い続けていかなければならないと強く思っているはずだ。

 気づいてみれば、岡崎のキャップ数はこのイラク戦で92試合。順調に行けば、年内には中村俊輔を超える。7年前にはそんな大それたことは一切、予想しなかっただろう。今ではその岡崎がかつての俊輔のように宇佐美や柴崎らから敬意を払われる偉大な存在になっている。2015年元日に「昨年まではどちらかというと不言実行でやってきたけど、今年は自分に責任を持って周りに発信していきたい」と語ったように、本人もその自覚はしっかりと持ちながら、結果にこだわり続けるという。

 その真価が問われるのが、16日のシンガポール戦。公式戦でのゴールはまた別物だ。3度目となるワールドカップ予選で、岡崎にはまた違ったプレーの幅、得点バリエーションを見せてほしいものだ。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
28pt
鹿島
27pt
浦和
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
29pt
岡山
25pt
町田
25pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
20pt
相模原
18pt
琉球
18pt
Jリーグ順位をもっと見る