2015.01.09

開催国の豪州がアジアカップ白星発進…序盤失点も歓声に押され逆転

ケーヒル
前半、同点ゴールを決め、お馴染みのパフォーマンスを見せたケーヒル [写真]=Getty Images

 AFCアジアカップ オーストラリア2015が9日に開幕。開幕戦となるグループAの初戦では開催国のオーストラリアとクウェートが対戦した。

 ホームの歓声を受けるオーストラリアだが、先制に成功したのはクウェート。開始8分、左CKを獲得すると低く速いボールにニアサイドでフサイン・ファデールがダイビングヘッドで合わせてネットを揺らした。

 まさかの先行を許したオーストラリアだが、失点後はクウェート陣内で試合を進める。迎えた33分、右サイドの深い位置からマッシモ・ルオンゴがマイナスのボールを中央へ送り、ティム・ケーヒルが右足で決めて、同点とする。

 攻め手を緩めないオーストラリアは44分、右サイドのイヴァン・フランジッチが左足でクロスを上げると、ルオンゴがヘディングで合わせて逆転に成功して前半を終えた。

 後半に入ってもオーストラリアの攻勢は続く。59分、ペナルティエリア内左でケーヒルが左足を振り抜いたが相手GKが好反応を見せる。直後にはエリア内右でマシュー・レッキーが左足で強烈なシュートを放ったが、クロスバーをヒットした。

 それでも61分、オーストラリアはロビー・クルーズがエリア内で倒されてPKを獲得。主将のミル・ジェディナクが落ち着いて沈め、チーム3点目を獲得した。65分にはケーヒルに代えてトミ・ユーリッチを投入。ケーヒルにはスタンディングオベーションが贈られた。

 劣勢のクウェートは71分、ファハド・アル・イブラヒムがミドルシュートを放つが、GKマシュー・ライアンが腕を伸ばしてボールに触ると、クロスバーに阻まれる。76分にはオーストラリアも左サイドからのクロスをニアでネイサン・バーンズが頭で合わせるも、こちらもクロスバー直撃。しかし、オーストラリアはアディショナルタイムにジェームス・トロイージがダメ押し点を奪いホイッスル。4-1で勝利した。

 オーストラリアは13日に行われるグループリーグ第2節でオマーン、クウェートは韓国と対戦する。

【スコア】
オーストラリア 4-1 クウェート

【得点者】
0-1 8分 フサイン・ファデール(クウェート)
1-1 33分 ティム・ケーヒル(オーストラリア)
2-1 44分 マッシモ・ルオンゴ(オーストラリア)
3-1 61分 ミル・ジェディナク(PK)(オーストラリア)
4-1 90+2分 ジェームス・トロイージ(オーストラリア)

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
50pt
松本
47pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
36pt
長野
32pt
大分
30pt
Jリーグ順位をもっと見る