EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2014.06.15

コートジボワール代表ドログバ「日本はそれほど危険ではなかった」

ドログバ
コートジボワール代表FWドログバは日本戦の勝利を振り返った  [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦。コートジボワール代表が2-1で勝利した。試合後、コートジボワール代表のディディエ・ドログバが試合を振り返った。フランスのラジオ局サイト『RFI』が伝えている。

 初戦を終えたドログバは「結果には満足している。自分がベンチスタートだったことは失望したが、最も重要なことはチームに貢献すること。今日は僕がしたけど、次の試合は他の選手がやってくれるだろう」と個人よりもチームの結果が重要であることを強調した。

 さらに「我々はトップコンディションではなかった。先制されて反撃しなければならなかったが、自分たちの力を見せることができたと思う」と逆転勝利を果たしたチームに自信を見せた。

 また、『RFI』は対戦相手の日本について「日本はそれほど危険ではなかった」というドログバのコメントを引き合いに出し、「日本は1-0とリードしていたが、ドログバがピッチに立った時、日本の選手は震えているようだった」との見解を掲載した。

Jリーグ順位ランキング

鹿島
36pt
川崎F
35pt
浦和
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
39pt
C大阪
37pt
松本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
24pt
栃木
24pt
大分
23pt
Jリーグ順位をもっと見る