2014.03.18

長谷部は今季絶望か、指揮官明かす…W杯への影響必至

長谷部誠
今季絶望の見通しとなった長谷部 [写真]=Getty Images

 ニュルンベルクに所属する日本代表MF長谷部誠が今シーズン、残りの試合を欠場する見込みとなった。ドイツメディア『nordbayern.de』が、ヘルトヤン・フェルベーク監督の声を伝えた。

 長谷部は1月14日に行われたステアウア・ブカレストとの親善試合で右ひざを負傷。半月板を損傷し、全治4~6週間と診断され、日本で手術を受けた。その後順調な回復を見せ、復帰に向け、チーム全体練習にも復帰していたが、2月26日に行われた練習中に再発させ、再手術を行っていた。

 フェルベーク監督は長谷部と、同じくひざの負傷で離脱中のアメリカ代表DFティモシー・チャンドラーの状況を問われ、「おそらく、もうプレーしないだろう」と、今シーズンの残り試合を両選手が欠場する見通しであることを明かした。

 ニュルンベルクのリーグ戦の最終節は、ブラジル・ワールドカップ開催まで約1カ月の5月10日を予定。負傷からの回復状況や、復帰した場合も試合勘が心配される。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る