2016.03.04

敗戦に涙の謝罪…宮間、五輪絶望的も「バラバラにならないよう最後まで」

宮間あや
中国戦にフル出場したキャプテンの宮間あや [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 なでしこジャパン(日本女子代表)は4日、リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選第3節で中国女子代表と対戦し、1-2で敗れた。試合後、キャプテンの宮間あやがインタビューに応じた。

 リオ五輪出場へ勝ち点「3」が欲しいなでしこだったが、開始14分にパスミスから先制点を献上。幸先の悪いスタートを切ると、58分には強烈なミドルシュートを決められ2点ビハインドとなる。しかしなでしこは65分に、横山久美が冷静に右足シュートを沈めて反撃を開始。最後までゴールを狙うものの、2点目が遠く、1-2でリオ五輪出場が絶望的となる敗戦を喫した。

 痛恨の黒星に宮間は「応援してくださってる方に申し訳なく思う」と目に涙を浮かべながら謝罪。ここまで1分2敗で勝ち点はわずか「1」だが、「3試合通じて上手くいっていないっていう感覚はあまりない。結果を出せないっていうところだけが上手くいっていないところだと思う」と振り返った。

 残り2試合に向けて、チームを率いる佐々木則夫監督が「一体となって試合に取り組む。それに尽きると思う」と語ると、宮間も「チームがバラバラにならないように、全てここに懸けてやってきているので、最後までやっていきたい」と同調。続けて、「自分たち次第だと思うので頑張りたい。死に物狂いでやっているつもりですけど、足りないということなので、もっとやりたい」と意気込んだ。

 なでしこは次節、7日にベトナム女子代表と対戦する。

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る