2016.02.29

“10番”初ゴールも実らず…なでしこFW大儀見「もう2、3点取らないと」

大儀見優季
一時1点差に詰め寄るゴールをマークしたFW大儀見優季(10番) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 なでしこジャパン(日本女子代表)は29日、リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選の第1節でオーストラリア女子代表と対戦し、1-3で敗れた。この試合で1ゴールを挙げたFW大儀見優季が試合後のインタビューに応じている。

 2点を先行されて迎えた前半アディショナルタイム2分、なでしこは右サイドを崩すと、阪口夢穂のシュートに反応した大儀見が右足でコースを変えて、追撃のゴールを奪取。しかし78分に再び2点差となるゴールを許すとこのまま敗れ、五輪予選は黒星スタートとなった。

 新たに「10番」を背負って戦う大儀見は、「結果として勝ちきれなかったことは非常に残念に思いますけど、まだ五輪予選は終わってないので、残り4試合全部勝てるようにしっかり準備していきたいと思います」とすぐに気持ちを切り替えると、自身のゴールについては「結果的に負けてしまったので、もう2、3点取れる選手になっていかなければ」と悔しさを滲ませた。

 敗因については、「フィニッシュの部分で慌ててしまったり、相手も焦っているのにこっちも焦って、チャンスを逃した部分もあった。もう少し冷静に落ち着いてそういう場面を迎えればもっと優位に試合を運べたと思います」と分析。そして、「これが五輪予選だと思いますし、出場権は2枠あるので前向きに考えてやっていきたいです。(韓国戦は)勝つしかないので、守備のところをしっかりオーガナイズして、そこから攻撃に繋げられるようにやっていきたいです」と、3月2日に控える第2節の韓国戦を見据えた。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
53pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る