2015.06.28

豪州戦MVPの宇津木、執念の勝利に「最後は気持ちしかなかった」

宇津木瑠美
オーストラリア戦のMVPに選出された宇津木 [写真]=FIFA via Getty Images

 27日に行われたFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の準々決勝で、なでしこジャパンがオーストラリア女子代表を1-0で破り、ベスト4進出を決めた。

 この試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選出されたMF宇津木瑠美は、「一人で取れた賞だとは思いません」と謙遜。「全員がやるべきことをやった結果。暑くて、体力も集中力も最後まで保つのが難しい試合だったけれど、継続してやれたと思います」と、チーム全員の力で猛暑の消耗戦を制すことができたと強調した。

 勝利への執念を見せたなでしこジャパン。宇津木も「最後は気持ちしかないですね。最後はそれに尽きると思います」と語る。

「カメルーン戦での失点が、今の私たちの教訓になっている」という宇津木は、ボランチの一角として、相手の攻撃の芽を摘む守備を見せた。「相手のカウンターに対して、CBが体を張ってくれた。そこからの相手の二次攻撃を阻止するのがボランチの守り方のポイントだったと思います」と試合を振り返っている。

 個人的な手応えとして、「日本の選手が持っている技術が、世界に通用するということを発揮できてよかったというのが正直な感想です」と話し、「まだまだ外しているチャンスもたくさんありましたし、そういうものを次の試合に課題としてやっていきたいと思います」と次戦を見据えた。

 なでしこジャパンは7月1日に行われる準決勝で、イングランド女子代表とカナダ女子代表の勝者と対戦する。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る