2016.11.20

鳥取撃破の大分がJ3優勝、1年でJ2復帰! 栃木は2位フィニッシュ、入れ替え戦へ

大分トリニータ
大分が鳥取を破り、J3優勝とJ2復帰を決めた [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J3リーグ第30節(最終節)が各地で行われ、優勝争い(J2への自動昇格争い)が決着した。

 前節終了時点で、大分は18勝4分け7敗の勝ち点「58」で首位に立った。第28節まで首位を走っていた栃木SCは前節、AC長野パルセイロに0-1と敗戦。大分と栃木は勝ち点「58」で並んだが、得失点差で「6」上回っている大分が首位に浮上して最終節に臨むこととなった。

 J3優勝とJ2への自動昇格を懸けた最終節。勝てば自力での優勝が決まる可能性が高い大分はガイナーレ鳥取と、逆転でのJ3優勝を目指す栃木はグルージャ盛岡と、それぞれ敵地で対戦した。

 先にスコアが動いたのは栃木戦だった。20分、盛岡の谷口堅三がペナルティーエリア内での混戦から右足シュートで先制ゴールを挙げ、栃木はビハインドを負って前半を終えることとなった。

 対照的に、大分は29分に幸先良く均衡を破った。左サイドからのクロスがファーサイドに流れたところに三平和司が反応し、滑り込みながらボレーシュートを突き刺した。鳥取に押し込まれる場面も目立っていたが、チャンスをしっかりと活かしてリードを奪った。

 栃木は1点ビハインド、大分は1点リードで前半を終えた。ハーフタイム時点で、大分が優勝に一歩前進した形となった。

 後半は両試合ともに早い段階でスコアが動いた。大分はキックオフから約35秒、一度もプレーが切れないうちに追加点を記録。右サイド深くでパスを受けた八反田康平の折り返しに三平が反応して押し込み、自身2ゴール目を挙げた。大分は55分に鳥取のフェルナンジーニョに1点を返されたが、2分後に岩田智輝が強烈な右足シュートでプロ初ゴールを挙げ、スコアを3-1とした。さらに63分には鈴木義宜が4点目を決め、4-1とリードを広げた。

 一方、1点ビハインドで後半を迎えた栃木は48分、相手の最終ラインでのミスを突いてボールを奪い、大石治寿が同点ゴール。さらに60分、大石が左CKからニアサイドに飛び込み、ヘディングシュートでゴールネットを揺らした。栃木が2-1と逆転に成功した。

 大分が3点差でリードしている以上、逆転で優勝を果たすためには大量得点差での勝利が必要な栃木。しかし68分、盛岡の畑本時央に左CKからのヘディングシュートで同点ゴールを許し、2-2となった。

 4ゴールを奪って試合を優位に進める大分は73分に2失点目を喫したものの、リードを守り切って4-2で勝利。一方、栃木は勝ち越しゴールを挙げることができず、2-2で引き分けた。

 以上の結果、勝ち点「61」の大分がJ3優勝と1年でのJ2復帰を決めた。勝ち点「59」の栃木は2位フィニッシュとなり、J2で21位となったクラブとの入れ替え戦に回ることとなった。

【スコア】
ガイナーレ鳥取 2-4 大分トリニータ

【得点者】
0-1 29分 三平和司(大分トリニータ
0-2 46分 三平和司(大分トリニータ
1-2 55分 フェルナンジーニョ(ガイナーレ鳥取
1-3 57分 岩田智輝(大分トリニータ
1-4 63分 鈴木義宜(大分トリニータ
2-4 73分 山本蓮(ガイナーレ鳥取

【スコア】
グルージャ盛岡 2-2 栃木SC

【得点者】
1-0 20分 谷口堅三(グルージャ盛岡)
1-1 48分 大石治寿(栃木SC
1-2 60分 大石治寿(栃木SC
2-2 68分 畑本時央(グルージャ盛岡)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
81pt
横浜FC
76pt
大宮
74pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
62pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る