FOLLOW US

浦和がステージ優勝、川崎は年間首位奪取に望み 残留争う4チームは全て敗戦/J1・2nd第16節

セカンドステージ優勝を決めた浦和レッズ [写真]=兼子愼一郎

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第16節が29日に各地で行われた。

 引き分け以上でステージ優勝が決まる浦和レッズは敵地で残留争い中のジュビロ磐田と対戦。序盤から猛攻を仕掛けた浦和はゴールをこじ開けるのに苦労したが、72分に武藤雄樹がヘディングで待望の先制ゴールをマーク。これが決勝点となり、1試合を残してセカンドステージ優勝を決めた。また、年間首位の座もキープしている。

 年間勝点で浦和と1ポイント差の2位につける川崎フロンターレは敵地で鹿島アントラーズと対戦。前半のうちに小林悠が負傷交代を強いられる苦しい展開となったが、代わって入った森本貴幸が65分に決勝ゴールを挙げ、年間首位奪取に望みをつなぐ白星を手にした。

 残留争いでは、年間順位13位の磐田(勝ち点33)が浦和に敗れたほか、14位ヴァンフォーレ甲府(31)、15位アルビレックス新潟(30)、16位名古屋グランパス(30)の3チームも揃って敗戦。残り1枠を巡る争いは最終節に委ねられることとなった。

■J1 2nd第16節結果
鹿島アントラーズ 0-1 川崎フロンターレ
柏レイソル 1-2 大宮アルディージャ
FC東京 1-0 ベガルタ仙台
湘南ベルマーレ 1-0 ヴァンフォーレ甲府
ジュビロ磐田 0-1 浦和レッズ
ガンバ大阪 3-1 アルビレックス新潟
ヴィッセル神戸 3-0 名古屋グランパス
サンフレッチェ広島 4-1 アビスパ福岡
サガン鳥栖 2-2 横浜F・マリノス

■J1 2nd第15節順位表(カッコ内の順位は年間順位)
1位 浦和(1位)(勝ち点40/得失点差23)
2位 川崎(2位)(勝ち点34/得失点12)
3位 神戸(9位)(勝ち点32/得失点14)
4位 G大阪(5位)(勝ち点31/得失点8)
5位 大宮(4位)(勝ち点30/得失点7)
6位 横浜FM(9位)(勝ち点28/得失点13)
7位 柏(8位)(勝ち点27/得失点5)
8位 鳥栖(11位)(勝ち点26/得失点3)
9位 FC東京(10位)(勝ち点26/得失点1)
10位 広島(6位)(勝ち点23/得失点3)
11位 鹿島(3位)(勝ち点20/得失点1)
12位 仙台(12位)(勝ち点20/得失点-3)
13位 甲府(14位)(勝ち点16/得失点-12)
14位 名古屋(16位)(勝ち点13/得失点-13)
15位 新潟(15位)(勝ち点12/得失点-9)
16位 磐田(13位)(勝ち点10/得失点-12)
17位 湘南(17位)(勝ち点8/得失点-19)※降格決定
18位 福岡(18位)(勝ち点8/得失点-22)※降格決定

■J1 2nd第17節対戦カード(11月3日)
仙台 vs 磐田
鹿島 vs 神戸
浦和 vs 横浜FM
大宮 vs FC東京
川崎 vs G大阪
甲府 vs 鳥栖
新潟 vs 広島
名古屋 vs 湘南
福岡 vs 柏

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA