2016.03.08

出場機会に飢えた男が日本上陸…カイケは横浜FMの救世主となれるのか

カイケ
昨年はフラメンゴでプレーしていたカイケ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 3月8日、フラメンゴはカイケの横浜F・マリノスへの移籍が決定したと発表した。

 首都ブラジリア出身のカイケは、フラメンゴの下部組織に入団するため、10歳の時にリオデジャネイロに活動の拠点を移す。ブラジル屈指の強豪クラブで揉まれると、その実力が大きく開花し、前線の核としてチームに欠かせない存在となる。得点はもちろんのこと、中盤でのゲームメイクやセットプレーのキッカーを務めるなど、当時は『カイケのチーム』と言っても過言ではなかった。フラメンゴの下部組織時代に記録した通算得点数は実に280にもおよび、2007年に見事トップチーム昇格を果たす。

 しかし、当時すべての大会で好成績を残し、トロ(アナポリス)やレナト・アウグスト(北京国安)らを擁するフラメンゴで、19歳のカイケにはなかなかチャンスが回ってこなかった。途中出場でリーグ戦4試合に出場するも、大きなインパクトを残すことなくプロ1年目を終えることとなった。2008年からは国内の複数クラブをわたり歩き、2010年には欧州挑戦を決意。スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、ポルトガルのリーグを経験した。

 そして昨年、ブラジルW杯で日本代表が試合を行ったナタルを拠点とする2部のABCに加入すると、通算20ゴールを挙げる活躍を残す。この活躍で名が知れ渡り、サントスが獲得に乗り出すが、本人は古巣フラメンゴへの復帰を選択。当時の指揮官オズワルド・オリベイラ監督(元鹿島アントラーズ)も、カイケの才能を高く評価し、リーグ戦16試合に出場し6得点を記録。第22節のアヴァイ戦、第34節のゴイアス戦では1試合2得点を決め、ブラジルの有名サッカー専門紙『Lance!』のベストイレブンにも選出された。

 しかし、カイケの活躍とは裏腹にチームの成績は奮わず、リーグ戦閉幕を待たずにオズワルド・オリベイラ監督は解任。フラメンゴの新指揮官には、サントスを世界一に導いた経験を持つムリシー・ラマーリョ氏が就任した。今シーズンは、ひざのケガで出遅れた影響もあり、パオロ・ゲレーロ(ペルー代表)、エメルソン(元浦和レッズなど)、マルセロ・シリーノ、フェリペ・ビゼルに次ぐFWの5番手として、いまだ出場機会が与えられないままでいた。

 カイケのプレーの特長は、スピードを生かした裏への飛び出しとゴール前での落ち着いたプレーだ。相手の背後にうまくポジションを取り、隙を見ては何度も飛び出し、相手DFの脅威となり続ける。GKと1対1のシーンでは、足裏を使ったプレーで相手を抜き去るなど、ゴール前での落ち着きも持ち味だ。身長は182センチと決して長身ではないが、打点の高いヘディングも日本では大きな武器となるだろう。

 おそらく横浜FMでは、ワントップの位置に入ることが予想される。中村俊輔という日本屈指の司令塔がいるチームで、彼の得意とする裏へ抜け出すプレーは数多く見られることとなるはずだ。そして、下部組織時代からセットプレーのキッカー務めていたこともあり、高精度な右足でのFKにも注目だ。ペナルティエリア付近はもちろんのこと、長距離からの弾丸FKも得意とする。左の中村俊輔に対し、右のカイケという選択肢が増えたこととなった。また、アジアには初挑戦となるが、海外でのプレーを経験していることもプラス材料となるだろう。

 横浜FMは、昨シーズン大きなインパクトを残したアデミウソン(ガンバ大阪)がチームを去り、ラフィーニャが長期離脱中と最前線の選手が不足。リーグ戦ではいまだ未勝利で、得点も中村俊輔がFKで挙げた1点のみと、得点力不足にも陥っている。フボ・ネグロ(フラメンゴの愛称)に別れを告げたカイケは、横浜FMの救世主となれるのだろうか。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

C大阪
41pt
鹿島アントラーズ
37pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
47pt
福岡
46pt
徳島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る