サッカーゲームキングジャック6月号
2016.03.04

【予想スタメン】堅守見せる大宮、新戦力MF岩上が攻守のカギ…柏は今季初白星を狙う

omiya
開幕戦で決勝点を決めた岩上祐三 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■大宮アルディージャ 攻撃に課題残すが、自慢の堅守はJ1復帰後も絶好調

 J1復帰初戦は、昨季4位のFC東京に1-0で勝利を収めた。試合結果に加え、内容も理想的だった。立ち上がりは泉澤仁が積極的に仕掛けるなど、見せ場を作ったが、時間の経過とともに流れを持っていかれた。昨季のJ2では主導権を握る試合が圧倒的に多かったが、この試合ではほとんどの時間、相手にボールを握られた。J1のレベルの高さを感じながらも、最前線から最終ラインまでの選手が献身的に戦い、耐えながら反撃のチャンスを狙った。

 そして69分、右サイドバックの和田拓也の縦パスを起点にロングカウンターを仕掛け、家長昭博のシュートの跳ね返りを、ゴール前に詰めていた新加入の岩上祐三がゴールに押し込んだ。この虎の子の1点を全員で守り抜き、苦しみながら勝利したのだ。勝ち点3を得られたことに加え、全員の意思統一ができていたことが示された。また、こうした苦しい試合をどう戦うかという確認が、初戦でできたことも大きな意味を持つ。

 とはいえ、チームが目指すのは“堅守多攻”というスタイルの徹底だ。開幕戦で見せた堅守をベースに、どれだけ攻める時間を増やしていくかが今後の課題となる。不用意なボールロストや前線でボールが収まらなかった点を、どのように改善していくか。試合後、ゴール裏でサポーターから拡声器を受け取った岩上は「話すことがないです」と言い放ち、笑いを誘った。こうした歓喜の場に慣れていくためにも、内容を反省し、次につなげていくことが必要だ。(totoONE編集部)

■大宮予想スタメン
4-4-2
GK
塩田仁史
DF
和田拓也
菊地光将
河本裕之
沼田圭悟
MF
ネイツ・ペチュニク
岩上祐三
横山知伸
泉澤仁
FW
ムルジャ
家長昭博

■柏レイソル 新監督に不安あり、サブ組含めた攻撃陣の奮起が勝敗分ける

 開幕戦は浦和レッズに1-2で敗れたが、内容的には悲観するほどのものではなかった。若い選手が多くスタメンに名を連ねたとあって、開幕の緊張感からか前半は硬さが目立ったものの、後半は今季の柏が目指すスピーディーな展開が随所に見られ、決定機を決めてさえいれば勝敗は変わっていた可能性もある。

 しかし、2月14日のプレシーズンマッチ、ちばぎんカップのジェフ千葉戦に続き、浦和戦でもセットプレーから決勝点を喫した。第一の問題は、そのセットプレーの守備が立て直されているか。また、浦和戦は柏がスピーディーな展開で付け入るスペースがあったのに対し、大宮がブロックを作ってスペースを消すのならば、スピードダウンした中でどう相手の陣形を崩していくか。ミルトン・メンデス監督自身が、まだ日本サッカーに馴染んだとは言えず、采配や修正には若干の不安は残る。

 ただ、それでも開幕戦は不出来な前半から、後半は交代で入ったメンバーが流れを変えた。今回もサブには田中順也、山中亮輔、武富孝介と個の能力を持った選手が控えており、攻撃の駒は豊富だ。右サイドバックにコンバートされた伊東純也も守備面では課題が残る反面、攻撃では高速ドリブルで簡単に相手を置き去りにするスピードを見せ、柏の新たな攻撃パターンが生まれる予感はある。

 NACK5スタジアム大宮では、柏は現在4連勝中。この相性の良さを生かし、シーズン初勝利を挙げたい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-2-3-1
GK
中村航輔
DF
伊東純也
増嶋竜也
中谷進之介
輪湖直樹
MF
秋野央樹
大谷秀和
エデルソン
茨田陽生
大津祐樹
FW
D・オリヴェイラ

Jリーグ順位ランキング

川崎F
31pt
鹿島
30pt
浦和
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
32pt
町田
28pt
C大阪
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
相模原
21pt
秋田
21pt
鹿児島
20pt
Jリーグ順位をもっと見る