2015.12.20

広島FW浅野が3位決定戦のMOMに「自信を持ってより高みを目指す」

浅野拓磨
広州恒大戦にフル出場したFW浅野拓磨 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 サンフレッチェ広島は20日に行われたFIFAクラブワールドカップ2015の3位決定戦で広州恒大に2-1と逆転勝利を収めた。フル出場し、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されたFW浅野拓磨が試合後の会見で喜びを語っている。

 広島は開始3分にいきなり先制点を喫する苦しい展開となったが、70分に途中出場のドウグラスが同点ゴールを決めると、83分には浅野のヘディングシュートがクロスバーに弾かれたところをドウグラスが頭で押し込み、逆転で世界3位を掴みとった。

 試合を振り返った浅野は、「今日の試合は入る前からチームとして『絶対に勝とう』という気持ちで入りました。この世界の舞台で、そしてアジア王者を相手に自信を持って、という意識で入ったので、それはチームとして90分間を通してできたと思いますし、すごく自信になったゲームだったと思います」とコメント。

 自身のプレーについては、「なかなかゴールを決めることができず、満足できるものではなかったですけど、まずはチームの勝利に少しでも貢献することができたことが良かったと思うので、満足することなくこれからもっともっと高みを目指してやっていきたいと思います」と得点を挙げることができなかったことを悔やみつつ、MOMに選ばれたことを喜び、今後に繋げていきたいと話している。

「この賞をいただいたことはすごく自分にとっても自信になる。この大会を通してすごく自信がついた大会だったと思うので、今後もその自信を持ってより高みを目指して頑張っていきたいと思います」

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る