2015.12.01

JリーグがJ1昇格プレーオフ決勝開催地の選定理由について説明

ヤンマースタジアム長居(写真は2014年) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは1日、6日に開催されるJ1昇格プレーオフ決勝アビスパ福岡対セレッソ大阪のスタジアム選定経緯についてのお知らせを発表した。

 開催地に決まっているヤンマースタジアム長居はC大阪のホームスタジアムということもあり、選定経緯について多くの問い合わせがあったという。それにともない、Jリーグは選定理由について改めて説明を行った。

 Jリーグは国立競技場の改修にともなう代替地の選定に際し、昨年秋、スタジアム収容可能人数が2万人以上であることなどを条件に全国のスタジアムから開催希望地を募集した。

 複数の開催希望地の中から、「Jリーグチャンピオンシップ開催にともないJ1で使用しないスタジアム」、「J2・J3入れ替え戦が同日に開催できること」、「スタジアムのアクセス、立地、開催時の気象等」という主に3つの条件を総合的に判断して選定したと説明。3月の理事会において最終的にヤンマースタジアム長居を使用することに決定したとしている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

C大阪
41pt
鹿島アントラーズ
37pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
47pt
福岡
46pt
徳島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る