2015.07.10

離日の心境を綴るフォルラン、C大阪加入の決断に「決して後悔はない」

フォルラン
セレッソ大阪を退団したFWフォルラン [写真]=Getty Images

 元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが9日、毎週コラムを執筆しているUAE国営の英字紙『ザ・ナショナル』で、退団したセレッソ大阪、そして日本について綴った。

 2014年1月にC大阪への加入が発表されたフォルランは、この1年半でJ1で26試合7ゴール、J2で16試合10ゴールを記録。2015年7月31日までの契約を結んでいたが、クラブと合意に至り、6月22日に契約満了を迎えて退団となった。

 フォルランは、「セレッソ大阪で18カ月プレーし、最近日本を離れたとき、私のマスクはずれ落ちそうになった」と、離日への悔しさを表現。「日本やその人々は、私と妻にとても大きな印象を残した。私たちにとって、南米へ戻る前に、さよならを言うのは難しいことだった」とコメントすると、次のように日本への愛着を明かした。

「ファンはスタジアムで声を上げて応援してくれた。彼らは素晴らしくメロディックな歌を歌ってくれた。セレッソの試合には、他のどのスタジアムよりも多くの若い女性がいた。私たちのチームには、何人かカッコイイ選手がいた。それがサポーターの核となる女性たちにとって魅力だったのだろう」

「日本の習慣として、私は家に持ち帰れないほどのたくさんの花をもらった。クラブは、英語やスペイン語で書かれたファンからの2000ものメッセージが綴じられた8冊の美しいアルバムをくれたよ」

「私が去るとき、クラブのスタッフや選手たちは私に歌を歌ってくれた。空港では1000人のファンに見送ってもらった。彼らもまた歌を歌ってくれた。こんな経験は今までしたことがなかった。妻と私は、仕事じゃないとしても休暇で、また日本に戻ってくることを誓ったよ」

 C大阪への移籍については、「分かっているのは、私が住みたいと思っていた国から良いオファーを受けたこと。サッカーの水準も高く、当時34歳だった私のレベルにも最適だった。今後、この決断を後悔することは決してないよ」と断言している。

 また、日本や日本人について同選手は、自身が感銘を受けた出来事とともに、以下のように綴っている

「日本人はとても丁寧で礼儀正しく、思いやりがありシャイだ。おそらくシャイなのは、私たちがちゃんとコミュニケーションをとれないからだろう」

「日本の人たちからは温かさを感じたよ。言葉の壁を常にあったし、通訳を通すと、会話も途切れてしまう。だが彼らは、私たちに英語で話そうともしてくれた」

「私は日本人の誠実さに感動した。友人が東京からの新幹線で、バッグを忘れてしまった。だけど、そのバックは次の日の朝に彼のところへ戻ってきたんだ」

「僕らは、買った物を自転車に置いて、コーヒーを飲みにいった。90分後に戻ってきたら、買ったものは全てそのままだった。ヨーロッパや南米ではありえないことだね」 

 そして、「日本に行ったのは新しい文化を体験するためだった。他のサッカー選手にもおすすめするよ。もちろん、サッカーをプレーしに行ったのが1番の理由だったけどね」と、Jリーグを勧めると、「日本のチームはよくアジアで最も強い。彼らのリーグは、よく組織され、大きく近代的なスタジアムには多くの観客が入っている。選手の技術レベルも高く、代表チームは、定期的にワールドカップの決勝トーナメントへ進出している」と紹介。

「もしもっと多くの選手たちが、海外のよりレベルの高いリーグでプレーし、そこで得た経験を還元できれば、改善していくだろうね」と続けると、「もっと外国人選手が来れば、日本のリーグの向上に貢献するだろう。多すぎるのはよくないけどね。だが言葉の壁は高いと思う」とコメントしている。

 最後にフォルランは、これまでのキャリアを振り返り、以下のように綴った。

「サッカーは私を世界中に連れて行ってくれた。私が若いころ、人々は私の能力を疑問視していた。彼らは、私が裕福な家族に生まれたため、サッカー選手として1人で旅をし、成功するための貪欲さに欠けていると言っていたよ」

「17歳でアルゼンチンへ行ったとき、彼らが間違いだったと自ら証明した。それから人生の半分が過ぎても私はまだサッカー選手だ。イングランド、スペイン、アルゼンチン、ブラジル、イタリア、日本で暮らしてきた。そして今、故郷のウルグアイへ帰り、プロとしてプレーする時がやってきた」

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る