2016.04.22

初キャップへ士気の高いフットサル日本代表GKイゴール「モチベーションは高い」

イゴール・ピレス
フットサル日本代表でのデビューが迫っているGKイゴール [写真]=河合拓
フットサル専門誌Pivo!編集部⇒サッカーマガジン編集部を経て、フリーライター

 Fリーグ最強守護神の日本代表デビューが近づいている。今年1月に日本国籍の取得が認められたGKイゴール・ピレスは、22日に愛知県内で開幕する国際大会に向けて、強い意気込みを語った。

 今年9月に開催される2016 FIFAフットサルワールドカップ・コロンビアの出場権を逃したフットサル日本代表にとって、再出発の意味が込められた大会。この大会に向けて、初めて日本代表に選出されたイゴールは、「今回、初めて日本代表に選ばれてすごくモチベーションが高いです。大会に向けてもいい準備ができていますし、いいパフォーマンスを見せたいと思っています。みんなオフ明けですが、集中して練習に取り組めています」と、充実の日々を過ごせていると話す。

 アジア選手権で勝てなかった日本代表について、イゴールは「チームにいなかったので話をするのは難しいですが」と前置きをしつつ、「あの大会の日本は、ベトナムに負けて、そのショックを引きずったまま次の日の試合に臨んで負けてしまいました」と、本来の力が出せなかったまま敗退したと分析する。

 その相手に、ここで借りを返さなければならない。「相手はアジア選手権で日本が負けてしまったベトナムと、その大会で準優勝したウズベキスタンです。その相手と戦えることは個人的にも楽しみです。私にとって初めての国際試合ですし、楽しみです。試合に出るかはわかりませんが、モチベーションは高い」と、初出場へ意欲を見せた。

 イゴールは所属するペスカドーラ町田で攻撃に参加して数的優位をつくる場面もたびたび見せている。今回、木暮賢一郎監督もGKが攻撃の組み立てに積極的に参加する戦い方を浸透させており、そのセービング能力だけでなく、足元の技術にも注目が集まる。

「シュライカー大阪で一緒にプレーしていた佐藤亮と芝野創太以外は、初めて一緒にプレーする選手ばかりです。プレッシングとダイレクトにボールをピヴォに入れる、とてもシンプルな戦術に取り組んできました。あとは、どうコミュニケーションをとっていくかが一番大事なので、頑張りたいと思います」

「木暮さん!」と、自分から監督に話しかけたり、チームメイトたちとも日本語で積極的にコミュニケーションをとったりする姿も印象的だったFリーガー最強守護神の日本代表としての第一歩に注目が集まる。

文・写真=河合拓

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
67pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
60pt
藤枝
60pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング