2015.07.01

エビ中、真山りかの知られざるサッカー話! 「私、ボールを持つとなんかドキドキしちゃうんです!」

高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

mayama_1

インタビュー=関口 剛

 小学生時代にクラブチームでプレーをしていたという私立恵比寿中学の真山りかが登場。当時の話やサッカー選手に抱く意外なイメージ、高校時代に熱中したものなど、学生必見のインタビューをお届けする。

ゴール欲はない。私は目立たなくていい

――さっそくですが、真山さんの感じているサッカーの魅力はどこですか?
真山 サッカーと言えば、数あるスポーツの中でもすごいメジャーで、男女共通して楽しめるというのが魅力かなって思います。今はなでしこジャパンを始め、女子サッカーも盛り上がっていて女子のサッカー人口も増えているイメージがあります。私の友達にもサッカーをやっている子がいるんですけど、みんな楽しそうですよ。

――真山さんもサッカーをされていたそうですね。
真山 そうなんです。小学3年生から6年生まで4年間やっていました。

――それはクラブチームですか?
真山 地元のサッカークラブです。女子だけだとフットサルをやっていたんですけど、サッカーができるくらいの人数に増えて、2年間はサッカークラブの中で女子チームを作って試合に出たりしましたよ。残りの2年は男子と一緒にプレーしていました。

――ポジションはどこだったんですか?
真山 サイドバックがメインでした。

――そうなんですね。自分の強みはどういうところでしたか?
真山 サイドバックなので、駆けあがったり、自陣に戻ってきたりするのは強みだったと思います。

――ということは、スピードや体力には自信があったんですか?
真山 基本的にはスピードですね。そうは言っても、それほどサッカーがうまくはなかったので……。一応、今でも特技には入っているんですけどね(笑)。でもボールをカットするのは得意でしたよ。

――ディフェンスが得意だったんですね。
真山 そうです!

――守備をしていて、自分も前線に行ってゴールを決めたいというような気持ちはなかったんですか?
真山 ないです。全然なかったです。私は目立たなくていいと思います(笑)。

――後方で相手の攻撃を食い止めるほうが性格的にも合っていたんですか?
真山 うーん、持ちあがってきた相手のボールをうまくスッて取れたり、タッチラインに出させたりした時に、相手がちょっと悔しそうな顔をするのがすごく快感でした。なんか性格が悪そうですね(笑)。

――根っからの守備体質のようですね。
真山 そうですね。あまり自分で上がっていくというよりは、ボールを受けたらちょっとドリブルして他の子にパスみたいな。そう、パスする方がいいですね。サッカーなのに、できるだけボールに触っていたくないっていう感じです(笑)。

――守備の選手は球離れが早いというか、そういう選手が多いですよね。
真山 そうなんですよ。ボールを持っていると、なんかドキドキしちゃうんです。

――「失敗したらどうしよう」みたいな感覚ですか?
真山 それもそうだし、やっぱりうまい子が持つべきだなと。

――自分の強みはそこではないという自覚があったんですね。
真山 うん、そうです(笑)。

mayama3

サッカーは「負けたら坊主」のイメージ(笑)

――好きなサッカー選手はいますか?
真山 プレーしていた当時は、丸山(桂里奈/スペランツァFC大阪高槻)選手がすごい好きでした。練習試合も含めて、何度かなでしこジャパンの試合も見させてもらいましたよ。私とはポジションは違うんですけど、容姿がかわいいなって(笑)。サッカーをしていた時に、合宿で将来の夢を語り合う時間というのがあって、当時から「私は芸能人になりたい」って言っていたので、純粋にかわいい人が好きなんです。丸山選手も輝いて見えました(笑)。

――他にも好きな選手はいますか?
真山 やっぱり澤(穂希/INAC神戸レオネッサ)選手はサッカーをしている女子の憧れですよね。今お話しした夢を語り合う時間の「憧れの選手」はみんなほとんどが澤選手でした。選手としての魅力はもちろんですけど、女性としてもキラキラと輝いて見えます。サッカー一筋という感じはすごい好きです!

――サッカーをしている男性へのイメージはどうですか?
真山 世間一般で言ったらサッカー部の中高生って少しチャラチャラしていて腰パンしているイメージが強いのかなって。今はちょっと違うのかな? でも私の中のイメージだと、サッカー部は「負けたら坊主」。私のお兄ちゃんがそうだったんですけど、だいたい5ミリとか3ミリとかに刈っていて、「かわいそうだな」って(苦笑)。

――お兄さんもサッカーをしていて、しかも坊主だったんですね。
真山 そうです、3ミリにしていました。

――お兄さんはどのような環境でやっていたんですか?
真山 先生が厳しい方みたいでした。愛情のある厳しさなんですけど、負けたら「お前ら全員坊主にしてこい」って言って、次の日には練習があるんですけど、その前に坊主にしないといけなくて、みんな床屋さんに行って坊主にしてもらうんです。「今日負けたから坊主にして来る」って出かけていくイメージが強いですね(笑)。泥にまみれたり、雨の中でもやったりするので、汗臭いイメージもあります。

――身近にお兄さんがいたからこそ、サッカーに対する真剣なイメージが強いのではないでしょうか?
真山 それはありますね。サッカーをしている男子はすごいがんばっているイメージがあります。あと、スネ当てを外した後の足がすごく臭い(笑)。これ、サッカーあるあるですね。行きはいいんですけど、試合後の帰りの車の中が超汗臭くて(笑)。スネ当てを外した瞬間のあのムワーッっていうのが……。

――サッカーと聞くと、それを思い出してしまうんですか(笑)?
真山 思い出しますね。どうしても。あとみんなスパイクに凝ってますよね。これはどのスポーツにも言えることだと思うんですけど。

――真山さんは「このメーカーじゃなきゃ嫌だ」みたいこだわりはなかったんですか?
真山 ないですね。ただ、自分の足には『プーマ』のスパイクが合っていました。

――カラーのこだわりはありましたか?
真山 こだわりはそんなにないですね。でも青が多かったと思います。今では、黄色のスパイクを履いている選手はよく目立つなって思いながら見ていますね。

mayama2

今のチームメートは一生の友

――高校時代に熱中していたことで、一番印象的な思い出はありますか?
真山 高校時代はほとんど「エビ中」だったんですよね。事務所に入ったのが小学6年生で、中学1年生の時にエビ中を結成したんです。

――では高校時代の思い出は……って質問も「エビ中」になってしまいますよね。
真山 そうなってしまいますね(苦笑)。でもありますよ! 高校に入るとお菓子を持っていっても良かったのですが、それを友達と交換するのが好きでした。あとは高校1年生の時に購買がすごい珍しいと感じて、一時期はずっと購買でうどんを買って、お昼にお弁当も食べて……ってことをしていました。それが一番熱中したかも(笑)。うどんとカレーがある日はカレーうどんとお弁当って、もう決まりなんですよ(笑)。

――お弁当は持参していたんですよね?
真山 お母さんが作ってくれたお弁当と、うどんを食べるのが楽しかったんです。楽しかったというか、高校時代に熱中したことです。熱中したことはそれです(笑)。

――高校時代に「うどん」に熱中したというのは、なかなかですね(笑)。
真山 購買が魅力的なんです! 高校生のイメージってそれみたいな感じがあったのかもしれないですね。それほど欲しくもなかったのに、みんなでから揚げを食べていて、「これ本当にまずい!」なんて文句を言いながら、でも食べてしまう……。

――確かにそれは「高校あるある」かもしれないですね。
真山 高校卒業目前で午前中だけだとお弁当はいらないですよね。その直前にみんなで購買に行こうってなったり。女子っぽく、「最後だしみんなでお弁当作って来よう」みたいなことをしている子もいましたけど、私の周りの友達はだいたい「最後だし購買で食べよう」って(笑)。

――購買の話がメインのようになってきてしまいました(苦笑)。
真山 ハハハ(笑)。他校がどうかは分かりませんが、うどんの麺だけ渡されて、大きな鍋に入ったつゆを大きなひしゃくを使ってセルフで入れるんですよ。うちの購買は体育会系の人も多いからですかね。お昼時の購買はいつも賑わっていました(笑)。

――「高校と購買とうどんと私」のお話をありがとうございます(笑)! では一気に話題を戻しますが、今サッカーをがんばっている学生に向けてメッセージをいただけますか?
真山 はい! サッカーは大人になっても楽しめますよね。エビ中には校長っていうマネージャーさんがいて、休日はフットサルをやっていますよ。学生の皆さんは、今の出会いを大切にして、また大人になった時にフットサルや草サッカーができるような友達を見つけてほしいですね。チームメートって学校の友達ともまた違って、特別な関係なんですよ。会わなくなっても時々会うとすごく楽しいというか。友達以上なんだけど、ライバルでもあり。だから今のチームメートが一生の友だったりすると思うので、友人を大切にして、楽しんでくださいね。

――ありがとうございます! では最後に、ご自身の今後の活動についてもお聞かせください。
真山 私たち私立恵比寿中学の8枚目のシングル『夏だぜジョニー』が発売中ですので、ぜひチェックしてください! それと、今「飛び出せ全十ホールツアー 2015~わっくわくはるバルーンGOGO~」をやっているのですが、これまで3回公演させていただいて、年末にはそこで4回目のライブをしたいなって思っています。ぜひぜひ、これからも応援よろしくお願いします!

真山 りか(まやま・りか)
1996年12月16日生まれ、東京都出身。
8人組のアイドルグループ「私立恵比寿中学(エビ中)」の出席番号3番であり、2009年の結成当初から在籍するメンバー。小学6年生で事務所に所属する以前までの4年間は地元のクラブチームでサッカーをしていた。2014年には、TVアニメ「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」で声優に挑戦、TVアニメ「アカメが斬る!」のオープニングテーマ「Liar Mask」でソロデビューを果たした。エビ中では15年6月に8枚目のシングル「夏だぜジョニー」を発売し、各地でライブやイベントなどを精力的にこなしている。詳しくは公式サイトをチェック!
http://www.shiritsuebichu.jp/