2015.07.01

マンUのフェライーニが日本のサッカー少年にアドバイス「とにかく練習。夢をあきらめないでほしい」

高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

150625_nog_1

写真=野口岳彦

 身長190センチを超える体躯を活かしたダイナミックなプレーと独特のアフロヘアで、ピッチ上で強烈な存在感を放つベルギー代表MFマルアーヌ・フェライーニが、所属するマンチェスター・Uでの2シーズン目を戦い終え、初来日を果たした。開発段階から参加した自身の着用する新スパイクへのこだわりを語り、日本のサッカー少年へのメッセージを送った。

足のサイズは約30センチ


――サッカーを始めたのはお父さんの影響と聞きました。

フェライーニ サッカーは5歳から始めたけれど、クラブに入ったのは7歳から。あの頃はまだ可愛かったね。

――ご自身も開発に関わった新スパイク『VISARO(ビザロ)』を履いてみていかがでしたか?
フェライーニ まず一番大事なのが履き心地、快適であるということ。これは『ビザロ』の特徴だと思う。快適性の他に、方向転換がしやすく、ボールも蹴りやすい。自分の要望をすべて取り込んでもらったよ。

――ちなみに、足のサイズは何センチでしょうか?
フェライーニ 11ハーフ(約30センチ)。

――足の大きさとともに、アフロヘアも印象的です。トレードマークと言える髪型ですが、何か理由がありましたか?
フェライーニ この髪形にして8年になるけど、元々天然パーマだったんだ。ちょっと伸ばしてみようと思って伸ばしたら、いい感じだったからこのスタイルでいこうと決めたよ。この頭でゴールを決められたら、もっといいね。

――『ニューバランス』はスニーカー界のロールス・ロイスと呼ばれるほど、評価されていますが、フェライーニ選手にとってはいかがでしょうか?
フェライーニ 自分にとってもロールス・ロイスだと思う。ランニングに関しては、本当にベストなブランド。ランニングの実績はフットボールスパイクにもしっかり活かされた快適なシューズになっていると思う。

――『ニューバランス』の好きなところはどこでしょうか?
フェライーニ 第一に快適であるということ。自分自身も強い個性、スタイルを持っていて、『ニューバランス』のライフスタイルともマッチングする。自分の個性を大事にしてくれ、非常に光栄。自分らしくこれからもやっていきたいし、それがピッチでのパフォーマンスの向上につながると思っている。

――最後に日本のサッカーファン、サッカー少年たちにメッセージをお願いします。
フェライーニ とにかく練習、練習、練習。サッカーを喜びとして、夢をあきらめないで進んでほしい。それから最後に『ニューバランス』のシューズを履いてほしい。非常に履き心地が良いからね。

NB_001