2015.06.12

超便利なスカパー!オンデマンド…1試合のパケット通信料を調べてみたら驚いた

「スカパー!オンデマンド」をご存知でしょうか。マルチデバイス対応でスカパー!の番組が、パソコンやスマートフォン、タブレット、テレビなどで楽しめるサービスです。

 スカパー!でサッカーをご覧になっている方であれば、一度は利用したことがあるのではないでしょうか。視聴端末と通信環境が整っていれば、ライブ中継だけではなく、好きな時間に、好きな場所で、好きな試合を見ることができる、もはやサッカーライフに欠かせないツールとなっています。

 Jリーグだけではなく、欧州各国リーグも見れてしまう”超便利”なスカパー!オンデマンド。しかし、映像配信が滑らかかつ高画質で視聴できるということは、かなりの通信料がかかっているはず。ということで、実際に調べてみました。

 今回、使用したのは『通信量モニター』というアプリ。トップ画像はイメージが伝わりやすいようにipadの画を使っていますが、計測にはAndroid端末を使用しています。計測した試合は、ヤマザキナビスコカップ予選リーグ最終節の湘南ベルマーレ対FC東京の試合。放送開始から試合終了までの約2時間の通信料を計測してみました。

 分かりやすく計測前に、一度通信料をリセット。最終的にどれだけ通信料がかかるかわからないので、念のためWi-Fiで計測します。

サッカーキング・オピニオンとは
「サッカーをテキストで楽しむ!」(読む、書く、仲間を探す、コミュニティで議論する)ことを目的とした、サッカーファン、サッカーライター、ブロガー、みんなが主役のメディアです。「サッカーについてもっと知りたい人」のために、ニュースから一歩踏み込んだ記事を発信します。
http://opinion.sk/