2015.06.11

WOWOWリーガ解説者の宮澤ミシェル氏が選ぶ、2014-15シーズンの「マイフェイバリット11」

000057634

 リーガ・エスパニョーラの2014-15シーズンはバルセロナの優勝をもって幕を閉じました。そこでリーガ解説陣が、毎年恒例の「マイフェイバリット11」を選出! 今回は、元日本代表の宮澤ミシェル氏にご回答いただきました。

【マイフェイバリット11】
FW:ペドロ(バルセロナ)、ティエヴィ(アルメリア)、バッカ(セビージャ)
MF:アンドレ・ゴメス(バレンシア)、ハビ・フエゴ(バレンシア)、フェデ・カルタビア(コルドバ)
DF:ガヤ(バレンシア)、ゴディン(アトレティコ・マドリード)、ムスタフィ(バレンシア)、カルバハル(レアル・マドリード)
GK:クラウディオ・ブラボ(バルセロナ)

【シーズンMVP】ゴディン(アトレティコ・マドリードDF)
選出理由:行動力もあり、複シーズンに渡り高いレベルをキープしている。

【シーズンニューカマー賞】ビエット(ビジャレアルFW)
選出理由:リーグの前半戦から中盤にかけてスピード、テクニックで魅せてくれました。

【シーズン最優秀監督】ヌーノ・エスピリト・サント(バレンシア監督)
選出理由:レアル・マドリードに勝った時の3バックの采配の大胆さ、選手との距離感が絶妙そう。

【宮澤氏の寸評】
普段あまり注目されていない選手を選んでみました。実に個性豊かで、よく身体の“キレ”を維持した(特にペドロとか)。誰もが頑張れて謙虚で、一瞬のパワーがあります。