2014.12.09

大学ナンバーワン決定戦“インカレ”が11日開幕…長友、武藤に続く今大会注目5人の逸材を紹介

大学サッカー×SOCCER KING
vol.1サッカーファン必見!大学サッカー在籍の逸材たち

平成26年度第63回全日本大学サッカー選手権大会(通称:インカレ)が12月11日から開幕。大学日本一を決める本大会開幕に合わせて、大学サッカーの魅力をお伝えするコラムを計3回お届けします。

過去、多くのプロサッカー選手を輩出してきた大学サッカー。昨今には、長友佑都(インテル/明治大出身)や武藤嘉紀(FC東京/慶應義塾大在学)など、多くの選手が大学サッカーの舞台を踏み、日本を代表する選手へと成長していきました。そこで、本企画第1回目では、未来の長友・武藤に成り得る、将来の日本サッカー界を牽引するであろう大学サッカーの逸材をインタビュー形式で紹介します。


大武峻

大武 峻/OBU Shun(名古屋グランパス内定)
〈生年月日〉1992年11月24日
〈現所属チーム〉福岡大学サッカー部(名古屋グランパス特別指定選手)
〈学年〉4年
〈ポジション〉DF
〈経歴〉BUDDY・FC-筑陽学園中-筑陽学園高
〈選抜歴〉全日本大学選抜(大1・大2)、ユニバ(大3)、九州選抜(大3)
〈サッカー歴〉18年

――サッカーを始めたきっかけは何ですか?
「幼い頃は体が弱かったため、身体を強くしようと思い始めました」

――なぜ大学までサッカーを続けようと思ったのですか?
「プロ選手になろうという想いがあったからです。そのために大学サッカーでもっと成長しなければならないと考えました」

――4年間大学サッカーを通じて得られたことを教えてください。
「プロの世界でやっていくことへの自信を身につけることができました」

――今自分が頑張れる一番の原動力とは何ですか?
「応援してくれるサポーターの声援や期待です。今後も感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいです」

――大武選手のプレーのアピールポイントを教えてください。
「圧倒的な高さでのヘディング、ゴール前での体を張った守備、正確なロングフィード、リーダーシップです」

――大武選手が考える大学サッカーの魅力とは何ですか?
「サッカーも含めて、その他の部分においても様々な経験ができ成長できることです」

前澤甲気

前澤 甲気/MAEZAWA Koki(2014関東大学リーグMVP)
〈生年月日〉1993年3月21日
〈現所属チーム〉専修大学体育会サッカー部
〈学年〉4年
〈ポジション〉FW
〈経歴〉サルファスORS-清水エスパルスJY-清水商業高
〈選抜歴〉関東大学選抜A(大3)
〈サッカー歴〉16年

――サッカーを始めたきっかけは何ですか?
「サッカーをしていた兄の影響ではじめました」

――なぜ大学までサッカーを続けようと思ったのですか?
「当初は高校でやめる予定でしたが、サッカーが好きでやめられませんでした!また、源平監督(専修大監督)からのお誘いがあったのも大きかったです」

――4年間大学サッカーを通じて得られたことを教えてください。
「『自信』と『経験』です。多くの大事な試合を経験し、この2つを身につけることができました。しかしFWとして重要な『決定力』がまだまだなので、残りインカレだけですが磨きをかけ身につけて卒業したいです!」

――今自分が頑張れる一番の原動力とは何ですか?
「プロサッカー選手になるという夢が僕の原動力になっています」

――前澤選手のプレーのアピールポイントを教えてください。
「ゴールを奪うことです。僕はFWなので、点を取ってチームに貢献することを常に考えています」

――前澤選手が考える大学サッカーの魅力とは何ですか?
「高校サッカーも面白いですが、それよりもレベルが格段に高いことだと思います」

長谷川竜也

長谷川 竜也/HASEGAWA Tatsuya(全日本大学サッカー選抜)
〈生年月日〉1994年3月7日
〈現所属チーム〉順天堂大学蹴球部
〈学年〉3年
〈ポジション〉FW
〈経歴〉門池少年団-静岡学園中-静岡学園高
〈選抜歴〉U-20日本代表、全日本大学選抜(大3)
〈サッカー歴〉15年

――サッカーを始めたきっかけは何ですか?
「幼稚園時の引っ越しで友達ができず、友達作りのために始めました」

――なぜ大学までサッカーを続けようと思ったのですか?
「高校でプロになることが出来ず、悔しくてもう一度プロという目標に向かう為には大学サッカーというレベルの高いところでやる必要があったからです」

――大学サッカーで得られたこと・残りの大学生活で身につけたいことは何ですか?
「チームが成長していく為にチームを分析する力、チームで機能する為に自分に出来ることを考える力が身に付きました。残りの大学生活では責任感やプレッシャーの中で輝けるメンタリティーと技術を身に付けたいと思います」

――今自分が頑張れる一番の原動力とは何ですか?
「身近な人たちがプロになって活躍していることに刺激を受け、自分に足りないものを補わなければならないという想いが自分の原動力となっています」

――長谷川選手のプレーのアピールポイントを教えてください。
「動きながらボールを受けるところやパスをすること、ドリブルをすること。特にドリブルは持ち味なので見て欲しいです!」

――長谷川選手が考える大学サッカーの魅力とは何ですか?
「一つひとつのチームにチームの色があり、高校サッカーよりゲームの展開やボールスピード、プレースピードが早いところです」

呉屋大翔

呉屋 大翔/GOYA Hiroto(全日本大学サッカー選抜)
〈生年月日〉1994年1月2日
〈現所属チーム〉関西学院大学体育会サッカー部
〈学年〉3年
〈ポジション〉FW
〈経歴〉けやきFC-ヴィッセル神戸JY-流通経済付属柏高
〈選抜歴〉全日本大学選抜(大2・大3)
〈サッカー歴〉16年

――サッカーを始めたきっかけは何ですか?
「幼少期、友達ができずサッカーを通して友達を作ろうと考えたからです」

――なぜ大学までサッカーを続けようと思ったのですか?
「高校時代思うように試合に出場することができず、満足できなかったためです」

――大学サッカーで得られたこと・残りの大学生活で身につけたいことは何ですか?
「学生主体の大学サッカーで選手以外の人達が支えてくれているありがたみを感じることができました。来年は四年生という立場からチームを主体的に動かす力を身につけたいと思います」

――今自分が頑張れる一番の原動力とは何ですか?
「一度は諦めたプロへの道を再び切り拓いてくれた人達への感謝の気持ちです」

――呉屋選手のプレーのアピールポイントを教えてください。
「ゴールへの執着心です。FWとしてそこを見てもらいたいです」

――呉屋選手が考える大学サッカーの魅力とは何ですか?
「一人の人間として成長できるところだと思います」

室屋成

室屋 成/MUROYA Sei(U-21日本代表)
〈生年月日〉1994年4月5日
〈現所属チーム〉明治大学体育会サッカー部
〈学年〉2年
〈ポジション〉DF
〈経歴〉ゼッセル熊取FC-ゼッセル熊取ジュニアユース-青森山田高
〈選抜歴〉U-21日本代表、全日本大学選抜(大2)
〈サッカー歴〉15年

――サッカーを始めたきっかけは何ですか?
「兄がサッカーをしていたため始めました」

――なぜ大学までサッカーを続けようと思ったのですか?
「小さい頃からずっとサッカーをやっているので自然と続いています」

――大学サッカーで得られたこと・残りの大学生活で身につけたいことは何ですか?
「周りのことを考えられ、チームをいい方向へ持っていける統率力のある選手になることです」

――今自分が頑張れる一番の原動力とは何ですか?
「両親や友人、スタッフなどの自分へのサポートです」

――室屋選手のプレーのアピールポイントを教えてください。
「SBからの攻撃参加です!」

――室屋選手が考える大学サッカーの魅力とは何ですか?
「チームの一体感です!」


彼らのインカレでの活躍、ならびに今後の彼らに目が離せません。彼ら以外にも大学サッカーにはたくさんの注目選手が在籍しています。是非会場にご来場いただき、ご自身の目で自分の注目選手を探してください。
※室屋選手は、U-21日本代表海外遠征のためインカレは不参加(唯一の大学生からの選出!)

なお、全日本大学サッカー選手権大会の詳細は下記にて発信中!
全日本大学サッカー連盟公式HP:http://jufa.jp/
全日本大学サッカー連盟公式Twitter:@JUFA_soccer
全日本大学サッカー連盟公式Facebook:全日本大学サッカー連盟

次回の大学サッカー×SOCCER KING vol.2 は12月16日(火)掲載予定です。
昨年度、大学サッカーからプロへと進んだあの選手が登場。どうぞお楽しみに!

(協力 一般財団法人全日本大学サッカー連盟)

サイト人気記事ランキング