ATTENTION
2014.11.16

ピッチの芝目も背番号もくっきり見える! 東芝「REGZA」のサッカー用映像モードでテレビ観戦がストレスフリーに

ピッチの芝目も背番号もくっきり見える!
東芝「REGZA」のサッカー用映像モードで、テレビ観戦がストレスフリーに


文=高橋 智

 Jリーグの優勝争いに、天皇杯、高校サッカー選手権、そして来年1月に開催されるアジアカップと、年末年始はサッカーの試合が目白押し。現地に赴くだけでなく、テレビで観戦する機会も増えるのだが、どうせ観るならよりクリアな映像で白熱のプレーを目に焼きつけたい。そんなサッカーファンの希望に応えてくれるのが、東芝の4K液晶テレビ「REGZA Z10X」だ。

 このモデルは、高性能な映像エンジンを駆使して、映像の種類ごとに最適な画質で表示する「コンテンツモード」を搭載。同様の機能は他のテレビにもあるが、REGZAは映画やアニメ用の映像モードに加えて、なんと「サッカー/ゴルフ」モードも用意する。独自の超解像処理技術を応用することで、芝生を美しく立体的に見せたり、ボールやウェアの白飛びを抑えたしりて、リアルな質感で再現してくれるのだ。


(左)屋外のスポーツ中継で起こりやすい、ボールやシャツなどの白飛びを抑えて、質感のある映像に変換。(右)緑色の平坦な部分を検出し、鮮やかで立体感のある映像に復元する。


パネル全面に配置したバックライトを緻密に制御して、映像の残像感を低減。ゴール前のリプレイなど動きが速い映像でも、くっきり滑らかに映す。

 今までテレビでサッカー観戦する際に「芝生がべったりして見える」「背番号がよく見えなくて誰かわからない」といった不満を抱えていた人には、まさに朗報といえる機能。さらに液晶パネル全面にLEDバックライトを配置して、高精度に制御することで、動きの速いシーンでもぶれることなくっきりとした映像で映し出してくれる。テレビ観戦といえども、より鮮明な画質で楽しみたいという人には、ぜひとも注目して欲しいモデルだ。

東芝 「REGZA Z10X」

オープン価格(実勢価格:38〜70万円前後)
SPEC ● 画面サイズ:65V、58V、50V/ 解像度:4K(3840×2160ドット)/ 液晶パネル:全面直下LEDパネル / チューナー数:地上デジタル×9、BSデジタル・CS110度デジタル×2、4K放送対応スカパー!プレミアムサービスチューナー×1
東芝 http://www.toshiba.co.jp/regza/

  

サイト人気記事ランキング