2014.05.10

【FAカップ決勝のみどころ】アーセナルは“無冠”の呪縛を解き放てるか?

エジル

 5月17日、今シーズンの締めくくりとなるFAカップ決勝が“聖地”ウェンブリー・スタジアムで行われる。ファイナルの舞台に駒を進めたのはプレミアリーグ4位のアーセナルと同16位のハル・シティ。通算10回のFAカップ優勝を誇るアーセナルに対し、ハルは今回がクラブ史上初の決勝進出である。

 まずは両チームの決勝までの歩みを振り返ってみよう。アーセナルは3回戦で宿敵トッテナム、5回戦ではリヴァプールを下すなど、大会前半の難所を乗り切って堂々の決勝進出。一方のハルは準々決勝のサンダーランド戦を除くすべてが下部リーグ所属チームが相手と、組み合わせに恵まれていた感は否めない。

 今シーズンの直接対決を見ても、結果はアーセナルの2戦2勝。特に前哨戦の意味合いが強かった4月20日の対戦ではアーセナルが敵地で3−0の快勝を収め、力の差を見せつけた。所属選手の顔触れ、リーグ戦での順位表が示すとおり、アーセナルの絶対優位は動かないだろう。

 アーセナルにとって唯一の懸念は、“久しぶりのタイトル”が懸かっているというプレッシャーだろう。同クラブは2005年のFAカップ制覇を最後に約8年間、主要タイトルから見放されており、今回は“無冠時代”に終止符を打つまたとないチャンス。しかし、勝負所の3月に急降下してリーグ戦の優勝争いから脱落したように、肝心な試合での勝負弱さが課題となっている。2010−11シーズンにはリーグカップで決勝に駒を進めながら伏兵バーミンガムにまさかの敗北。6年ぶりのタイトルを逃したという“前科”もある。

 もっとも、アーセナルはシーズン終盤にきてリーグ戦4連勝と完全復調。故障離脱していたメズート・エジルやアーロン・ラムジーも戦列に戻り、一時は不安視されたチャンピオンズリーグの出場権を無事に確保している。試合序盤から積極的に仕掛け、今シーズンの必勝パターンとなっている“先行逃げ切り”を実践できれば、8年ぶりのタイトル獲得はそう難しくはないはずだ。

■FOX SPORTS 注目のサッカー放送カード
  5月18日(日)00:45~ FOXスポーツ&エンターテイメント
  FA CUP 決勝 アーセナル vs ハル [二]