2014.05.09

<インタビュー>野村さんがプレミアリーグ最終節のみどころ語る「優勝争いより残留争い」

 J SPORTSでイングランド・プレミアリーグの実況を務める野村明弘さん。熱狂的なチェルシーのファンとしても知られている野村さんが、2013‐14シーズンのイングランド・プレミアリーグを振り返りつ、最終節のみどころを語っていただいた。


――プレミアリーグは最終節を残していますが、今シーズンのべストゲームはどの試合を選びますか?

野村明弘 間違いなく34節のリヴァプール対マンチェスター・シティ(以下シティ)戦ですね。私はチェルシーファンですが、あの試合を見てジェラードに一回ぐらいはカップを掲げさせてあげてもいいかなと思いました。ヒルズボロの悲劇で従兄弟を亡くしていることもを含めて、彼には背負っているものがあります。あの試合には、サッカーの内容だけじゃなく、彼の人生や、リヴァプールの歴史が詰まっていました。もちろん、個の能力が高いシティとの力と力のぶつかり合いも見応えがあり、内容的にも痺れました。

――試合後にジェラードが泣いていたシーンは見ましたか?

野村明弘 完全にもらい泣きしましたね。選手たちと話す前にまず涙を流していたじゃないですか、でもすぐ涙をぬぐってああいう発言が出来たのはキャプテンシーと、彼の人間性が見えて、すごい選手だと思いました。

――では次に今シーズンのプレミアリーグ3大ニュースをあげていただけますか?

野村明弘 チェルシーファンとして、モウリーニョ監督が戻ってきたことが一番のニュースですね。イングランドのフットボールを考えると、モウリーニョがいるかいないかでは、盛り上がりが違うと思います。ファーガソンがいなくなって、ちょっと面白味がなくなりそうな中で、モウリーニョが帰って来て、ヴェンゲルやペジェグリーニとの舌戦が盛り上がりましたし。また、モウリーニョのサッカーは「今のサッカーと逆行している」と他のチームから嫌われていますよね。そんな中で来シーズン、彼がチームスタイルをどこまで追求していけるかを見てみたいですね。

――では2番目のニュースは?

野村明弘 “名前を変える、色を変える論争”ですね。たぶん日本人からすれば、サッカーを見ている限りでは、どうでもいいと思う方もいるかもしれませんが、現地の人からしてみればとても重要なことなんですよね。今シーズンは、ハル・シティのエジプト人オーナーがチーム名を「ハル・タイガース」に変えようとしました。また、カーディフのマレーシア人オーナーが数年前にチームカラーを青から赤に変えて問題が起こりました。こういうことは過去には起こり得なかったことです。今までのオーナーたちはアイデンティティを理解していましたからね。エジプト人のオーナーは、「シティ」という名前はどこも一緒だろうと考えているんですよね。でも英国ではシティというのは、1つの都市に1つだけ女王から頂ける名前なんですよ。その市の中での誇りがある。だからマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティのライバル関係があるんですよ。それを軽々しく変えようとすることに、サポーターからちゃんと“待った!”がかかるんですよ。そういうところに現地の人のフットボールへの愛情を感じます。

――外国人のオーナーについてどう思いますか?

野村明弘 イングランドではサッカーは単なるスポーツではなくその地域の文化や宗教が深く根付いています。根底に色んな歴史があって今のプレミアリーグがあるので、そういう部分を理解してうまくやれるなら、外国人オーナーも良いと思いますよ。

――では3番目のニュースは?

野村明弘 今シーズン、マンチェスター・ユナイテッドは外せないので、デイヴィッド・モイーズの一年間ですかね。これが今シーズン一番ニュースになりましたから。解任されてから、奥さんとバカンスへ行っているのも全部、パパラッチにとられているらしいですけど。ユナイテッドがモイーズを後任として認めてから今までの一年が興味深かったですね。

――マンチェスター・Uは、なぜモイーズを招聘したと思いますか?

野村明弘 これはアレックス・ファーガソンの問題だと思うんですけど、ユナイテッドの監督は英国系の監督しかやっていません。最初はモウリーニョだとか、色んな名前が出たんですが、クラブOBが良い顔をしないんですよね。ファーガソンは同じスコットランド人のモイーズを分かっていて、お金のないエヴァートンをあれだけのクラブにしたという評価だったんだと思います。ファーガソンは、良いコーチを連れて来て、彼らをうまく使いながら自身の勘や経験でやってきました。モイーズに求めたのも緻密なサッカーということではなく、堅実さ、真面目さという部分だったのだと思います。それが今の世の中にはちょっと不相応だったんじゃないでしょうか。これが5年ぐらい前だったら違ったかもしれません。ここ5年、10年でプレミアリーグは凄く変わりました。ましてユナイテッドはヨーロッパでも勝たなければいけない。ヨーロッパでいかに勝つかを考えると、時代遅れだったと思いますね。モイーズは、ヨーロッパで指揮した経験がなく、またヨーロッパで戦った選手を扱ったこともない。やっぱり格下相手に同点ゴールを挙げてもガッツポーズしてはいけないですよね。そこに自信のなさが表れてしまっているわけですから。

――では最後に最終節の見どころを教えていただけますか?

野村明弘 優勝争いよりも、本当は残留争いのほうが面白いんですよね。優勝も大事ですけど、プレミアにいるか2部に落ちるかというほうがクラブ存亡の危機ですからね。優勝は今年逃してもまた来年狙えますが、1回降格すると下手したらクラブが潰れてしまいます。リーズ、ポーツマスは中々昇格できません。だから残留争いも面白い。残留争いは選手の悲壮感とファンの涙と笑顔がある。それは、優勝争いのそれとまた全然違うと思うので、そこら辺を見るのも面白いと思います。最後に、個人的な話になりますが、シティに優勝させたくないですね。自力優勝が残っているのは、シティだけですがリヴァプールかチェルシーに優勝して欲しいですね。

※13/14イングランド・プレミアリーグ最終節は、J SPORTS で視聴出来ます。