2013.01.25

【それゆけ! サッカー部】~第3回 暁星国際高等学校~

暁星国際学園高等学校

サッカー部の強化に取り組んで3年目にして千葉県1部リーグ昇格、インターハイ予選ベスト16進出。破竹の勢いで躍進を続ける暁星国際高等学校サッカー部はどんな方針でチームを強化しているのか。千葉県で旋風を巻き起こす新興サッカー部の練習に密着しました。

写真=兼子 愼一郎
暁星国際高等学校

世界で輝く人間を育てる/松原良香ジェネラルマネージャー

暁星国際高等学校「アストラインターナショナル」というコースを3年前に学園内に設け、サッカー部強化に力を注いでいます。「アストラインターナショナルコース」では、サッカーと語学と人間教育を3つの大切な柱としています。

 この3つの柱の下、サッカーを通じて培った強い精神力をベースに、あらゆる局面に積極的に挑戦し、世界に羽ばたくだけではなく、世界で輝く人間を育てることを、私たち「アストラインターナショナルコース」のスタッフ、サッカー部スタッフの使命としています。

1日1日を大切に、質にこだわったサッカーに取り組んでいく/監督:内藤雅也教諭

暁星国際高等学校
 季節や天候によって持久走を採り入れたり、内容が多少変わることもありますが、基本的には5対5や8対8、11対11を中心とした実戦的な練習を中心に行っています。パス、ドリブル、シュートといったそれぞれの練習が不要というわけではありません。ただ、個々の技術はやはりゲームの中で高められるので、そこに多くの時間を割いています。

 3年生がチームを離れ、現在は2年生と1年生で練習しています。現メンバーは技術的にはまだまだですが、先輩たちが強豪校と戦ってきたことでメンタル的にたくましくなった部分はあります。1月に新人戦が行われますが、目標は4月から始まる千葉県1部リーグで結果を残し、プリンスリーグに昇格すること。リーグ開幕を見据えてチーム作りに励んでいます。また、これは創部1年目からですがチームとしては常に日本一を目指しています。

 これらの目標を達成するために必要なこと。それは間違いなく日々の積み重ねだと思います。1日1日を大切にして、質にこだわったサッカーに取り組み、目標を達成できるよう戦っていきます。

吉田麻也選手のプレーを参考にしています/2年生:DF岡嶋直道選手

暁星国際高等学校
 ポゼッションサッカーを志向するチームにおいて、毎日楽しんで練習しています。レベルの高いサッカーを目指す中で、思い通りのプレーができた時や監督から褒められた時はやっぱりうれしいですね。

 バルセロナや日本代表のようなポゼッションサッカーが好きで、中学生と合わせて50人ぐらいいる寮生とよく試合を見ます。僕はセンターバックなので吉田麻也選手のプレーを参考にしていて特にビルドアップやヘディングはすごいなと感じますし、ああいうプレーができるようになりたいです。また、個人的に今のチームではラインコントロールとコーチングを意識して練習しています。

 まずは新チームでスタメンに定着し、1月の新人戦で関東大会予選に進出、4月の千葉県1部リーグで勝ち上がりプリンスリーグに昇格。これが当面の目標ですが、最終目標はやはり全国大会で優勝することです。

世界へと羽ばたくための準備を/2年生:GKウィリアム・シュウ・ストルスマン選手

暁星国際高等学校
 優しいけど時には厳しい監督やコーチの下、毎日素晴らしい人工芝のグラウンドでトレーニングを行っています。人間形成という部分においては、あいさつや身だしなみ、言葉遣いを1年生の時から徹底して指導していただいています。語学では英語だけでなくフランス語の授業もあり将来、世界へと羽ばたくための準備をしています。

 僕たちは昨年の高校サッカー選手権予選で市立船橋高等学校に惜しくも負けてしまいました。今年の目標は全国優勝です。その目標のため、日々全力を尽くし、全部員でこれからもサッカー、人間形成、語学の“3本柱”を磨いていきたいと思います。


学校法人 暁星国際学園 暁星国際高等学校
住所:〒292-8565 千葉県木更津市矢那1083
TEL:0438-52-3291(代)
HP:http://www.gis.ac.jp/

◆練習に取り組む選手たち◆

暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校
暁星国際高等学校