2012.06.04

ハットトリック達成の瞬間の記憶が無いという渡邉千真選手は「意外と天然キャラ?」

さぁ6月に突入しました!
ということは2012年も既に半年が経過したということなんですね…。

リーグ戦も序盤戦が終了しましたがFC東京は現在リーグで上位の位置にいて日本代表に招集される選手もいて今後の試合も益々注目度が上がりそうですね~~

序盤戦の中でもやはり5月に入ってからの試合はとくに熱かったと思うんです!
サガン鳥栖戦の逆転劇は爽快感いっぱいになったし監督は「サガン鳥栖のような強固な守備の中で3点もとった我々のプレーは凄い。ブロックを作られても、そのブロックを壊すサッカーが出来た。ブロックを壊すアイデアを出し続けたのが勝利に繋がった」と笑顔でおっしゃってました。この日は同点弾が決まったときポポヴィッチ監督は跳ねて喜んでましたね!

途中出場ながらリーグ戦で初のハットトリックを決めた渡邉千真選手は「前半のリズムが良くなかったので自分がチームのために何かしたい」と気合いを入れてピッチに向かったそうです。でも得点した瞬間の記憶は全く無かったそうで意外と天然キャラなのかなと思いました。渡邉選手の覚えてる限りの話しだと3点目はボールが鼻に当たって痛かったそうですよ。でも改めてこの日のポポヴィッチ監督の采配が鋭すぎって思いました。

そして先日の浦和レッズ戦はドローに終わったけど両チームの運動量の多さとスタイルの違いが光る試合でした。その日ヘディングシュートを決めた森重真人選手は「セットプレーでの得点が欲しかったのでよかったです。ナオさん〔石川直宏選手〕から良いボールがきたので僕は合わせるだけでした」とコメントをいただきました。

高橋秀人選手からは「前半は決定機までにもっていけず苦戦したけど後半には両方のチームに決定機があった。勝てる試合だったとも思う」それから日本代表の招集について「代表キャンプは海外組の凄さを肌で感じサッカーの基準の高さを知りました。プレッシャーをはねのけてチームの勝利に貢献したいです」と意気込みを語っていただきました!

FC東京の選手が代表ユニフォームを着て試合で活躍するのが楽しみでしょうがないです。

あと、その日の試合後のエピソードなんですけど監督会見の際に浦和レッズのペトロヴィッチ監督に私が逆質問されちゃいました(笑)
私はFC東京のユニ姿で会見室の最前列でメモとったりしてるところだったので、まさか話を振られるなんて思わなくて焦りました…
ポポヴィッチ監督にも共通することですがセルビア出身の方は話しもノリもユニークで面白いです。

次節はセレッソ大阪戦。私も参加させていただいている企画ドロンパプロデュースの手売りチケット、ドロチケを持って当日は味の素スタジアムに集合ですよっ!ドロPもきっと喜んでくれるはず!!

ゆりっぺ

ゆりっぺ

橘ゆりか(たちばな ゆりか)。1992年12月23日生まれ。滋賀県出身。 2009年4月、女性ア イドルグループ『アイドリング!!!』に19号として加入。『アイドリング!!!』としての活動をはじめ、TV、舞台、CMと多方面で活躍中。2012年 シーズンからJ:COMの地域密着・チーム密着の応援番組「FC東京ビバパラダイス」のリポーターを務める。オフィシャルブログ『ちょっとたちばなし

【関連記事】
見た目は草食系男子でも中身は情熱的、高橋秀人選手は「ロールキャベツ男子」
多摩川クラシコを生観戦してきました!!
ポポヴィッチ監督は……優しい紳士という印象で凄くいい香りがしました(笑)
初めまして! 「FC東京ビバパラダイス」のリポーター橘ゆりかです☆
アイドリング!!! 19号 橘ゆりかちゃん「19番つけて応援しています!」