2015.08.12

GFA SoriyaがカンボジアでU15国際大会を開催…日本から岐阜県選抜が参加

 カンボジアでサッカー事業を展開するGlobal Football Soriya Co., Ltd.(以下、GFA Soriya)は、カンボジアサッカー協会と育成年代における戦略的パートナーシップに関する覚書を締結。カンボジアで、U15世代を対象とした国際大会を開催することを発表した。

 大会開催を通じて両団体は、2023プロジェクトが進行中のカンボジアで同国のU15代表の強化の実現を目指す。昨年に続き、2回目の開催となる同大会。今年はカンボジアからカンボジアU15代表チーム、日本から岐阜県選抜チーム(岐阜県サッカー協会)、シンガポールからGlobal Football Academy の各チームが参加し、会場となるNational Football Centerで試合が行われる。大会期間中は各国の選手たちによる懇親の機会も予定され、アジアの将来を担う子供たちの国際交流の場としても期待されている。

 GFA Soriyaの代表を務める斉藤泰一郎氏は、「昨今のカンボジアサッカーの躍進は目を見張るものがあり、先日国内で実施された同国U15代表の試合では2万を越える観衆がスタジアムに来場するという社会現象となっております。9月にACLU16予選をひかえる同チームですが、今回の機会がさらなる成長につながることを期待し、また、国際舞台とくにアジアでの経験値が日本をはじめ周辺諸国のサッカー界でも問われているなか、本大会に参加頂く全チームの皆様にとって今回の大会が競技力の向上だけにとどまらず今後の取り組みにあたり何かのインスピレーションにめぐり逢えるような、そんな大会にできればと考えております。今年はワールドカップ予選で日本とカンボジアが同組。ご縁のある年に本大会を開催できることに感謝し、サッカーの普及とサッカーを通じたライフスキルの重要性を広める私どものミッションにぶれることなく、引き続きカンボジアサッカーへの貢献と、ひいては日本サッカーへの貢献につながることを信じ活動に励んでまいりたいと思います」と話している。

大会名:GFA Soriya U15 Cambodia International Tournament
大会期間:2015年8月21日~23日
大会会場:National Football Center, Cambodia