2015.08.03

スマホ向けアプリ「ポケットフットボーラー」お披露目! 元日本代表・武田修宏も「ファンタジスタになったよう」と太鼓判

pokefoot (1)

●取材/写真=本田好伸

 スマートフォン向けのサッカーゲームアプリ「ポケットフットボーラー」のお披露目イベント「キック・オフ会」が、2日に都内のFutbol&Cafe mfで開催された。

「ポケットフットボーラー」とは、今夏に全世界に向けて配信されるアプリで、世界中のプレーヤーと楽しむことができる共闘スポーツRPG。これまで世に出回っているサッカーゲームアプリとは一線を画し、監督としてクラブを築き上げていくようなものではなく、ユーザー(プレーヤー)が一人のサッカー選手として、他のプレーヤーとともにクラブチームを結成し、世界中の対戦相手にチームワークで挑んでいくというもの。

 チームメートとのチャットで試合前の作戦会議を行い、チームの戦略などを決定。自分のプレーヤーにもオーダーを与え、毎日行われるリーグ戦での勝利を狙っていく。試合自体はオートで展開していくため、本作品の鍵を握るのは、やはり作戦会議となる。さらに、自分の投影ともいえるアバターは、髪型や顔立ち、肌の色など多様な選択肢から作成可能で、自分に似せたり、お気に入りのスター選手をイメージして作るのもアリだ。世界中のプレーヤーとつながることができる、この夏注目必至のアプリだといえる。

pokefoot (5)

 今回の「キック・オフ会」は2部構成で開催され、タレントでフットボールメディアで精力的に活動する加藤未央をMCに据え、現在J3を戦うSC相模原の代表取締役社長である望月重良氏と、サッカー解説やタレントとして活躍する武田修宏氏という2人の元日本代表選手がゲストに登場した。

 第1部では、両名のサッカートークが繰り広げられ、望月氏のJクラブの経営事情や、武田氏の日本代表秘話などが明かされた。さらに、武田氏からの「Jクラブの社長ってどうなの?」の問いに望月氏は、「社長は、親会社から就任する場合と元サッカー選手がオーナーをしている場合などがあり、それぞれ全く考え方が違うんです。僕自身が現役の頃には、社長にはあまり現場に口を出してほしくなかったので、今は監督や選手にはあまり言わないようにしています。選手起用のこととか本当は言いたいですけど、でも我慢しています。現場のことは現場に任せるのがいいんですよ」と返答した。

pokefoot

 また、武田氏は参加者からの「FWに最も必要なスキルは?」の質問に、「僕は結果で生きてきたので、最後の一振りだと
思います。最後のところで魂を込めること」と持論を展開。望月氏の的確な視点と武田氏の“場慣れ”した話術も相まって、満員御礼となった会場は大きな盛り上がりを見せていた。

pokefoot (15)

 続いて行われた第2部は、いよいよ「ポケットフットボーラー」の初公開。お笑いタレントのディエゴ加藤マラドーナ氏も加え、参加者の注目は、スクリーンに映し出される最新のデモプレイ画面に集まった。ゲームを手掛けた面白法人カヤックの担当者らによってゲームの世界観や実際の機能、内容の説明が行われると、ディエゴ氏が即興で“マラドーナ”似のアバターを完成させていく。そして早速「チームマラドーナvsチーム武田」のゲームがスタートし、武田氏の生実況を交えながら白熱のゲームが繰り広げられていった(ゲーム時間は、前後半合わせて数分程度)。

 今回のイベントに合わせて事前に作成されていたアバター武田修宏や望月重良、加藤未央もプレーヤーとして参戦するなか、試合はチームマラドーナが2-0で完勝。選手の能力はもちろん、事前に使用可能な攻撃や守備のアイテム、戦略、選手のスキルが効果的にハマるかどうかが、勝敗を大きく分けるようだった。

pokefoot (39)

 さらに、試合後には出場した選手全員の評価も一覧で掲示される。今回の両チームの選手には、事前に参加予約をした来場者の名前を使用していたため、MVP級の活躍をした選手にはゲストの直筆サイン入りオリジナルボールが、勝利チームにはゲストの直筆サイン入り「ポケットフットボーラー」オリジナルTシャツがプレゼントされ、参加者にはうれしいサプライズとなった。

 また今回は特別に、アバターを使ったリフティングができるミニゲームも用意され、ゲストと参加者による「ポケフト リフティング対決」も実現。単純ながらも難易度の高いゲームにゲスト陣も熱くなり、ゲストも参加者も含めて、「ポケットフットボーラー」を通じたコミュニケーションを楽しんでいた。

pokefoot (19)

 2時間弱のイベントの最後に、「スマホであまりゲームをしないのですが、すごくリアルで楽しかった。試合の実況の部分もスピーディーですし、僕も会社でこのゲームをやります」(望月氏)、「守備的なのか攻撃的なのかというのは人それぞれ違うし、その部分もリアリティがあって、自分自身がファンタジスタになった感覚で楽しめますね」(武田氏)とコメント。世界中の仲間とつながることができる
最新ゲーム「ポケットフットボーラー」の公開が待ち遠しくなる真夏の激アツイベントとなった。

 『ポケットフットボーラー』は公開直前! まだ事前登録が間に合うので、まだの人は是非登録をしよう!