2014.06.05

【駒大スポーツ】全国大会出場をかけた、大一番の勝負へ!

『「アミノバイタル」カップ2014 第3回 関東大学サッカートーナメント大会 関東予選』兼 総理大臣杯 全日本大学サッカートーナメント関東予選・第3回戦は4日、時之栖スポーツセンター裾野グラウンドで駒澤大が法政大と対戦する。初戦の城西大戦で8-0と圧巻の勝利を見せつけ、二回戦も勝利を収めた駒大は、ついに全国大会出場をかけた大一番の勝負に挑む。

 

現在、駒大は高い得点力と相手を無失点に抑える固い守備で2戦を勝ち抜き勢いづいている。6月2日に行われた、第2回戦の平国大戦では、試合開始序盤は攻撃の要、FW小牟田洋佑(4年=前橋育英高)が競り勝てず苦しい立ち上がりだったが、42分の先制点を皮切りに、後半はパワフルな攻撃陣が奮闘し3得点で勝利をあげた。ここ2試合では、エース小牟田に限らず全員がゴールを意識している印象を受ける。現に初戦の8得点は6人の選手によって決められた。高い持久力と決定力を持つMF斎藤純平(4年=秋田商業高)や、今大会高い得点力を見せているMF唐木沢真也(3年=前橋育英高)、関東大学リーグ戦では前節スタメンフル出場を果たし、駒大の攻撃陣として定着しつつあるMF吉岡雅和(2年=長崎総合科学大学附高)など、今後の攻撃陣からは誰一人として目が離せない。

 

また、2戦を無失点で勝利を収めている点にも注目したい。CBとしてチームを引っ張る主将・DF平尾優頼(4年=市立船橋高)の堅実な守備と、攻撃の基点となるロングボールや、強いフィジカルでボールを死守するDF柳川剛輝(3年=広島ユース)など、守備陣の力あってこその高い攻撃力である。0点で相手を抑えることが出来ているということは、守備陣に自信をもたらし、また攻撃陣も後ろを気にせず積極的にゴールに向かうことが出来る。全国大会出場をかけた勝負の前に、非常に良い状態を作り出すことが出来た。

 

 

全国大会出場をかけた三回戦の対戦相手となるのは、去年敗北した法政大。現在2部リーグに位置しながらも、ここまで着々と勝ち進んできた。大一番の勝負は、何が起こるか分からない。ここ2戦の勢いを糧に、徹底したサッカーで絶対に負けられない戦いに挑んでほしい。

 

 

(文 駒大スポーツ 小金沢遥)

PR:駒大スポーツでは、今流行のつぶやきサイト「Twitter」で試合の速報、さらに試合内外で見つけた細かな話題をつぶやいております。「koma_football」で検索して、ぜひフォローをお願いします。