ATTENTION
2014.05.27

まったく新しいサッカー審判術の実用書『ポジティブ・レフェリング』が発売

coverobi0516

 日本サッカー協会前審判委員長の松崎康弘氏がレフェリングの真髄と醍醐味を伝授するサッカー審判術の実用書『ポジティブ・レフェリング ファウルが減る! ゲームがおもしろくなる! 驚きのサッカー審判術』が発売された。

 同書籍はイングランドとJリーグで笛を吹いた審判歴35年の松崎氏が、コモンセンス(サッカーの共通理解) と選手とのコミュニケーションをベースに生み出した、1級審判員しか知らないレフェリングテクニック51項目を分かりやすいイラスト付きで紹介。

 ファウルを探すだけのネガティブなレフェリングではなく“サッカーのすばらしさを引き出す”という審判の醍醐味を伝える本書は、少年サッカー、部活、草サッカーですぐに役立つ実用書としても必携の一冊だ。

書籍概要

書名:『ポジティブ・レフェリング ファウルが減る! ゲームがおもしろくなる! 驚きのサッカー審判術』
著者:松崎康弘
定価:本体1,500円+税
体裁:B6版変版、並製、224頁
発行:株式会社デコ

著者プロフィール
●著者/松崎康弘
日本サッカー協会(JFA)常務理事。日本フットサルリーグCOO。JFA前審判委員長。JFAサッカーS級審判インストラクター。イングランドで1級審判を取得。帰国後の’93年にJFAの1級審判員に登録される。1995年~2002年までJリーグの主審を担当し、国際サッカー連盟(FIFA)の国際副審もつとめた。現在はFIFAのフットサル審判インストラクターとして審判指導も行なう。

サイト人気記事ランキング