2013.08.21

KIRINで乾杯!! 「キリンチャレンジカップ2013 日本対ウルグアイ パブリックビューイング」レポート

ウルグアイ戦のパブリック・ビューイングで盛り上がる日本代表サポーター [写真]=鷹羽康博
pv

写真●鷹羽康博 場所●J-POP CAFE(渋谷)

 8月14日、キリンチャレンジカップ2013 日本代表対ウルグアイ代表が宮城スタジアムで行われた。日本のスタメンには本田圭佑、香川真司をはじめとする欧州組のほかに、東アジアカップで活躍した柿谷曜一朗も名を連ねた。

 注目の一戦を一目見ようと4万5883人の観客がスタジアムへと駆け付けた一方で、渋谷でも多くのサポーターが宮城へ熱い声援を送っていたことをご存知だろうか。キリン株式会社の主催で日本対ウルグアイのパブリックビューイングが行われ、会場となった渋谷のJ-POP CAFEには、平日にもかかわらず総勢200人を超えるサポーターが集まったのだ。

 ホール上部に設置された巨大スクリーンに現地の映像が映し出されると、サポーターの視線は釘付けに。MCの橘ゆりかさんの掛け声に合わせてビールで乾杯をした後、サポーターは固唾を飲んで戦況を見守った。

tachibana

 序盤からウルグアイの猛攻を浴び、立て続けに失点を許すと、会場ではため息が漏れ始める。しかし後半に入り、香川真司が一点を返した場面や本田圭佑が直接FKをゴールネットに突き刺した瞬間には、会場から大きな歓声が沸き上がった。

 ホームで2-4。ウルグアイとの実力差が浮き彫りになった。試合後に日本代表の選手たちが反省の弁を口にしたのも無理はない。しかし、仕事帰りに会場に駆けつけたという会社員の男性は決して悲観的ではなかった。

「本田の直接FKが決まった時は興奮しました。やっぱりビールを飲みながらみんなで応援するのは楽しいですね。負けたのは悔しいいけれど、課題がはっきりしたんだから、そこを修正して、本大会で勝てばいいんですよ!」

 ブラジルワールドカップまであと300日を切った。本大会までの間に日本はどのような進化を遂げるのか。たとえスタジアムに行けなくても、日本代表を応援する気持ちに変わりはない。これからもパブリックビューイングの会場から、熱いサポーターたちが声援を送り続ける。