2016.11.16

法政大、最終節は順天堂大に大敗も9年ぶりのインカレ出場権獲得

山田は欠場した黒柳に代わってキャプテンマークを巻いた [写真]=下田朝陽(スポーツ法政)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

JR東日本カップ2016第90回関東大学サッカーリーグ戦第22節 法政大学 2-4 順天堂大学

文=渡辺拓海(スポーツ法政)

 前節、王者・明治大学を相手に4得点で快勝し、6試合ぶりの白星を手にした法政大学。インカレ出場もほぼ確実にした前節の勢いそのままにリーグ最終節も勝利で飾りたいところだ。

 試合は序盤から順天堂大学の速いパス回しや個人技から自陣に攻め込まれる場面が目立った。8分、左サイドを突破されクロスを上げられてしまう。合わせようとした浮田健誠の軸足に当たるとそのこぼれ球を杉田真彦に押し込まれ先制を許してしまう。その後、黒崎隼人が左サイドを駆け上がるなどサイドから積極的に仕掛けるもなかなか得点に結びつかない。すると24分に旗手怜央にミドルシュートを叩き込まれ2点差に広げられてしまう。

 だがここから法政大が反撃を開始する。武藤友樹が右サイドを駆け上がってクロスを上げると下澤悠太がシュート。そのこぼれ球を青柳燎汰を押し込んで1点差に詰め寄る。さらに試合終盤に右サイドからのクロスを鈴木歩が頭で合わせ同点。そのまま前半終了し、同点で試合を折り返した。

 後半に入っても、武藤や黒崎を中心にサイド攻撃を仕掛ける法政大。だが、一方で順天堂大に次々と自陣にボールを持ち込まれる苦しい展開が続く。すると右サイドから浮田に技ありのシュートを決められて勝ち越しを許してしまう。再び同点に追いつこうと黒崎がディサロ燦シルヴァーノとの連携からシュートを放つも得点にはならず。決め手を欠く中で旗手に中央からのバイシクルシュートを決められて再び2点差とされてしまう。その後も途中出場の紺野和也が持ち味のドリブルで駆け上がってシュートを放つなど果敢に順天堂大ゴールに攻め込むも、終盤は精彩を欠きそのまま試合終了。最終節を白星で飾れずリーグ戦は5位で終えた。

 明治大戦での勝利から波に乗りたかったが、またもや大量失点で敗戦する形になった。順天堂大の速いパス回しや、個人技に対し球際の詰めの甘さが守備での課題に挙げられる。受け身の守備を敷いたがために相手の思うようなプレーをされてしまい4失点を招く形となった。長山一也監督も「球際で厳しくいけてないから失点につながった」とチームの守備に対する消極的な態度を嘆いた。また優勝した明治大は11連勝を記録したのに対し、法政大は2連勝が2回のみと好調が長続きしない所も課題として残った。

 最終節は敗れたものの、最終順位は5位と9年ぶりのインカレ出場を決めた法政大。初戦の相手は高知大学となる。6月の「アミノバイタル」カップでは格下の大東文化大学にPK戦で敗れているだけに、初戦から油断は許されない。攻撃陣は好調なだけに守備陣の立て直しがインカレでの大きなカギとなるだろう。インカレまで残り約1カ月。法政大のサッカーを取り戻し、昭和51年以来の頂点へ突き進んでほしい。

選手、監督のコメントは、スポーツ法政新聞会HP(http://sports-hosei.net/)をご覧ください!

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る