2016.11.02

筑波大に痛恨の逆転負け…法政大がまたしても勝ち切れず5試合未勝利に

法政大はこれで5試合未勝利となった [写真]=下田朝陽(スポーツ法政)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

JR東日本カップ2016第90回関東大学サッカーリーグ戦第20節 法政大学1-2専修大学

文=広瀬結(スポーツ法政)

 連敗を止めたものの勝ち点3を奪えなかった前節。勝ち切れない試合が続く法政大学だが、勝ち点2差で2位の筑波大学相手に勝利を収め一気に順位を上げたいところだ。

 序盤は互いに譲らぬ展開だったが、徐々に左サイドを崩され相手にボールを支配される時間が多くなる。18分に筑波大MF中野誠也とGK関口亮助が一対一となるが関口のファインセーブでピンチを乗り切る。対して法政大は25分、後ろからのボールをディサロ燦シルヴァーノがフリーで受けてシュートを放つものの、惜しくもポストに弾かれる。その後は相手に攻められる場面が多く攻撃の形を作れずに前半を0-0で終える。

 後半、相手にペースを握られながらも失点を許さない法政大が思わぬ形で先制点を奪う。58分に関口からのロングボールをディサロがフリック。青柳燎汰が相手GKと一対一になり、ゴール左隅に丁寧にシュートし先制。攻められながらもワンチャンスをものにして1点を奪う。しかし先制した勢いも束の間、6分後には三苫薫に中央をドリブル突破され、スルーパスを受けた中野にゴールを決められる。同点となってからは間延びしたポジショニングが目立ち、空いたスペースを相手に活かされクロスやシュートを多く打たれる展開となる。3人の選手交代を行い流れを変えようとするも上手くいかず、迎えた87分。西澤健太のフリーキックを高柳昂平に頭で合わせられ1-2と逆転される。そのまま試合は終了。最初の1点を守り切れず逆転負けに終わり、またもや勝ち点3を逃した。

 今日の試合で5試合勝ち星なしとなった法政大。後期中盤までは2位だったがいつの間にか5位まで転落した。全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)への自動出場権獲得となる6位の慶應義塾大学との勝ち点差はわずか1。残り2試合となり、もう勝ち点を落とせない。次節はすでに優勝を決めた明治大学との一戦。厳しい試合が予想されるが、心機一転、連敗を阻止してインカレ出場へ久しぶりの勝利が見たいところだ。

選手、監督のコメントは、スポーツ法政新聞会HP(http://sports-hosei.net/)をご覧ください!

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る