2016.10.19

関西大、首位阪南大相手に善戦も逆転優勝遠のく痛恨ドロー

関西大vs阪南大はドロー決着に終わった [写真]=水野真(関西大学体育会本部関大スポーツ編集局)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

文=大島涼太郎(関西大学体育会本部関大スポーツ編集局)

 現在関西学生リーグ3連勝中と優勝へ向け、いい流れに乗っている関西大学。今節は強力な攻撃陣がそろう首位阪南大学との一戦だ。勝てば首位との差が縮まるチャンス、負ければ優勝が厳しくなるという重要な試合に臨んだ。

 試合は関西大のキックオフでスタート。右サイドに大きくボールを蹴ると、FW加賀山泰毅に渡りシュート。枠を捉えることはできなかったが、気持ちの入った試合の入りとなった。直後には初出場のGK安川魁もボールを触り、落ち着いた様子を見せる。開始から約10分間は守備の時間が続く。それでも「守備に自信を持っている」(MF石井光輝主将)とDF鯉沼晃、DF荒木隼人のセンターバック2枚を中心に粘り強くプレスをかけ、攻め込まれはするものの自由を与えず決定的なシーンは許さなかった。攻撃では13分、DF黒川圭介から石井へと渡り浮き球で前線のFW竹下玲王へパス。ボールを収めると、加賀山にパスを出し、シュートを打つも決めきれない。21分、一瞬のスキを突かれ、ディフェンスの裏へ抜け出されるも相手のミスもあり、難を逃れた。その後は両者チャンスを作り切れず、両者無得点のまま後半へと進んだ。

 後半、先に試合を動かしたのは関西大だ。60分、コート中央で竹下がドリブルを開始。相手の陣形が整わないうちにシュートを打つ。相手ディフェンスに当たるも、跳ね返りを狙い、走りこんでいたMF塩谷仁が再びシュート、これがネットに突き刺さり、待望の先制点となった。DF飯塚郁仁も竹下の右側を走り、おとりの動きでDFをひきつけ、チャンスを演出する。しかし、約5分後、CKから失点を許し、試合は振り出しに。その後、MF平尾柊人、FW吉井佑将と攻撃のカードを切り、逆転を狙うもあと1点が遠かった関西大。首位相手に勝ち点を分け合う形となった。

 リーグ優勝へ厳しさを増す引き分けとなったが、関西ナンバー1の攻撃力を誇る相手に関西大らしい粘り強い守備を見せ、前田雅文監督も「流れの中ではしっかりできていた」と一定の評価を示した。それでも失点シーンなどの課題もあり、さらなる成長が必要であることを実感した。次節の京都産業大学戦で勝利し、可能性の残る優勝へ再加速させる。

選手のコメントは関大スポーツのホームページ(http://kanspo.univ.nikkansports.com/?p=8967)に掲載しています。また、関大スポーツは関西大学の選手に独占インタビューを行い定期的にインターネットに掲載しております。その他にもTwitter(@kanspo)にて試合速報を行っています。ぜひ、ご覧ください!

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る