2016.09.19

関西大、11位同志社大に敗戦 加賀山泰毅と平尾柊人がゴールを挙げるも反撃及ばず

終了間際にパワープレーを仕掛ける関西大 [写真]=林亮佑(関西大学体育会本部関大スポーツ編集局)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

文=水野真(関西大学体育会本部関大スポーツ編集局)

 中2日の3連戦3戦目。第94回関西学生リーグ後期リーグ開幕3連勝を飾り、インカレ出場を確実なものへと近づけていきたい。対峙する相手は同志社大学。リーグ11位の相手に負けることは決して許されない。関西大高槻キャンパスからほど近い高槻萩谷の地で勝利をつかみたい。

 前半、立ち上がりで同志社大にペースを渡してしまう。4分にはセットプレーから最後はヘディングで決められ失点。その3分後にもゴール前のボールを一度は関西大が押し戻したものの、同志社大MFに再度戻され、その後に失点。0-2。勝利に向け暗雲が立ち込め始める。FW加賀山泰毅、FW竹下玲王がコンビネーションで相手陣を駆け上がりシュートまで持ち込むも弾かれ得点にはつながらない。19分、20分には2度の失点危機となるも、これ以上の失点は許されない関西大はなんとか持ちこたえる。35分にはゴール前MF清永丈瑠がFKで放ったボールをDF諸石健太が一度戻し、竹下がループシュート。これは左に逸れ決まらない。直後にもDF石井光輝からのロングパスが通り、それを受けたMF塩谷仁が右サイドを駆け上がる。コーナーからゴール前に出したパスは同志社大DF2人を抜き、ゴール前へ。しかし、加賀山、竹下のタイミングが合わずシュートへと運べない。前半は完全に同志社大優位の展開で折り返す。

 後半早々から関西大は仕掛ける。46分には後半から出場となったMF金沢祐平が左サイドで竹下にボールをつなぎ、シュート。同志社大GKにはね返されたボールを再度金沢が蹴るもこれはゴール上へ。53分には塩谷が右サイドからゴール前へ出したパスをGKが弾き、それを加賀山が見逃さずシュートへと運ぶ。1-2とし絶対に勝たなければならない試合に光が差し始める。その後もCKで清永が出したボールにDF黒川圭介が対応。ゴール前へとループパスを出すと混戦の中、石井がオーバーヘッドに近い角度でシュート。これも入らず、いよいよ敗戦色が濃厚となる。80分にはペナルティーエリア近くでMF平尾柊人が倒され副審は旗を振るもホイッスルはならず。直後には関西大DFの枚数が足りない状況下で攻め込まれ同志社大に追加点を献上。その後、FW吉井佑将のアシストから平尾が今季初ゴールを決めるも2-3。引き分けにも持ち込めず敗戦を喫した。

 この状況は早急に改善しなければならない。関西王者に君臨してから早3カ月。優勝校だからこそ、他大学は関西大に勝とうという気持ちで試合に臨んでくる。その勝つための気持ちに関西大は打ち勝たなければならない。失点数はリーグでもトップレベルの少なさの関西大だが、この同志社大戦ではディフェンスラインを突破されたりさらに失点する危機的状況が何度もあった。このままでは次節の立命館大学、次々節の大阪体育大学とリーグ上位チームとの対戦に不安が残る。この1週間でいかに立て直しができるのかに期待がかかる。

選手のコメントは関大スポーツのホームページ(http://kanspo.univ.nikkansports.com/?p=7856)に掲載しています。また、関大スポーツは関西大学の選手に独占インタビューを行い定期的にインターネットに掲載しております。その他にもTwitter(@kanspo)にて試合速報を行っています。ぜひ、ご覧ください!

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る