2016.09.19

法政大が国士舘大に5発大勝 FC東京加入内定DF山田将之らがゴール

シュートを放つ上田 [写真]=森川優也(スポーツ法政)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

文=下石川愛美(スポーツ法政)

 JR東日本カップ2016第90回関東大学坂k-リーグ戦後期リーグ初戦の駒澤大学との戦いでは、勝利を収め良いスタートを切ったものの、第13節の早稲田大学との戦いで敗れた法政大学はこの敗戦から巻き返したい国士舘大学との試合。是が非でも勝ち点3が必要な試合だ。フォーメーションは3-6-1。前節からメンバーの一部が変更となり、ワントップにはディサロ燦シルヴァーノ、左ウィングバックは川崎雅哉が入る布陣となった。

 前半開始直後は国士舘大が強気に攻めてきたものの、法政大はGKを含めた華麗なパスサッカーを見せる。13分には黒柳駿が中央に攻め込み、ヘディングによる先制点を決める。さらに16分には川崎のクロスを清谷陸がヘディングで合わせ、43分には武藤友樹からのパスを受けた上田慧亮が、得点を決め3点目を挙げる。一方の国士舘大は、30分にあわやオウンゴールになるかというプレーを見せるなど、ディフェンスが崩壊。法政大の攻撃陣がチャンスを確実にものにして3得点をあげるなど法政大ペースで試合が進む。守備では危ういシーンもあったが、早い時間に点数を奪い、法政大の攻撃が続く前半となった。

 前半の勢いのまま後半も攻め続ける。56分に下澤悠太のCKからのボールを山田将之が頭でたたき込み4点目を決める。66分には紺野和也を投入すると、紺野が中央に切り込みシュートを放つなど法政大の攻撃をさらに加速させる。79分には相手のパスミスを前線にいた川崎がドリブルから落ち着いてゴールに流し込み5点目を決めた。83分に失点をするものの、最後まで5得点を守り抜き見事な勝利を収めた。後半の1失点は課題として挙げられるが、青柳燎太、紺野など貪欲にゴールを目指し追加点を狙っていた選手の姿が印象に残る試合となった。

 危うい場面や失点はあったものの、終始ボールを支配し法政大のペースを保ち続けた試合。サイド攻撃が機能しこれまでの課題だった得点力不足が嘘のように感じられるゴールラッシュとなった。この試合でつかんだ手応えを確信に変えるために――。チームは次節、連勝を懸けて桐蔭横浜大学と戦う。

選手、監督のコメントは、スポーツ法政新聞会HP(http://sports-hosei.net/)をご覧ください!

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る