2016.09.15

明治大、専修大に3発快勝 2位との勝ち点差を「9」に広げ首位独走

豪快ボレー弾を決めた富田は真っ先に応援席へ [写真]=谷澤優佳(明大スポーツ)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

文=古賀章太郎(明大スポーツ)

 完封勝利をものにした。JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦第13節は、縦に速いサッカーを展開する専修大との一戦。前半は一進一退の攻防が続くも、35分に櫻井敬基のゴールで1-0とし、流れよく前半を終える。後半に入ると、序盤こそ専修大ペースになるも、70分に小出悠太のゴールでリードを広げると、78分に途中出場の富田光がダメ押しボレーを決め、3-0で試合終了。リーグ順位は1位をキープし、2位との勝ち点差を9と広げた。
 
 圧巻の無失点勝利を収めた。「練習試合も含めて立ち上がりに失点する」(小出)ことがチームの課題で、前節の国士舘大学戦でも開始6分に相手に失点を許し、前半は苦しい状態に陥った明治大。そんな中で臨んだ今試合は、開始からハイプレスを積極的にかけ、自陣に攻め込ませない守備を展開。専修大の4-3-3のポジションに対応した守備を意識した。「33番をケアしたことによってラインも押し上がっていった」(栗田大輔監督)と序盤は相手のボランチの選手に苦戦するも、丹羽詩温を下げることによって中盤での数的不利を解消した。また、「球際、運動量、切り替えを意識した」(河面旺成)と基本を徹底し、守備の3原則で相手の得点を許さず。リーグ優勝には高い守備力が必要不可欠、堅守を武器に快進撃を進めたい。

「良い守備から良い攻撃へ」。前半、立ち上がりから集中した守備で失点をゼロに抑えると、流れは明治大へ。テンポの速いパスワークでサイドから専修大を翻ろうし、櫻井の得点で先制に成功。後半では富田を筆頭に交代の選手の活躍も光り、さらにチャンスを作った。また、小出のゴールをお膳立てした河面のアシストを含め、CKは合計9本とセットプレーも多く獲得。「理想的な試合運びだった」(早坂龍之介)と無失点で抑えたことが勝利のカギとなった。

 ゴールに懸ける思いもひとしおだ。35分、高い位置でボールを奪った早坂が素早くパスをつなぐと、ボールは櫻井の元へ。ペナルティーエリア右でボールを受けた櫻井は空いたシュートコースに速いモーションでシュート放つ。鋭い回転のかかったボールはゴールに吸い込まれた。「イメージ通り」(櫻井)と満足気にゴールした瞬間を振り返った。前節のリーグ戦初ゴールから2試合連続ゴールをマークした櫻井。しかし、以前先発出場した天皇杯予選東京都トーナメント1回戦立正大学戦では悔しくも不発に終わっていた。それから夏のトレーニングではシュートとラストパスにこだわり、課題であった得点力を改善。「次使ってもらえたら、絶対点を取ってやろうと思っていた」(櫻井)と言葉通り得点を挙げ、爪痕を残した。

 勢いが止まらない。リーグ戦で現在、1位を走っている明治大は、2位と勝ち点差を9に広げ、独走状態に入った。8月の総理大臣杯で創部初優勝を果たし、リーグ制覇に向けても大きくリードしている。「チームの状態が非常にいい」(栗田監督)と2試合で7得点1失点と攻守にわたり絶好調だ。しかし、勝利は約束されていない。6年ぶりのリーグ制覇に向け、着実に勝ち点3をものにしていきたい。次節は現在10位の駒澤大学戦。駒澤大は攻撃に重きを置くチームだが、明治大の堅守で圧倒してみせる。

明大スポーツのweb(http://www.meispo.net/news.php?news_id=9952)では、記事や試合後の選手コメントを掲載しております!Twitter(@meisupo)では試合の速報をしています。さらに、webでは注目選手のインタビューや連載企画を不定期に更新しています!サッカー部のみならず、明治大学体育会情報が満載ですので、是非一度アクセスをお願い致します!

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る