2015.11.26

関西学院大FW呉屋大翔、31ゴールで3年連続の得点王に輝く/関西学生リーグ

NAJU, SOUTH KOREA - JULY 13: Hiroto Goya of Japan in action during the Men's Football third place match between Japan and Brazil during the Universiade Gwangju 2015 at Naju Public Stadium on July 13, 2015 in Naju, South Korea. (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)

 11月22日に2015年度第93回関西学生サッカーリーグ1部の全試合が終了し、関西学院大学が勝ち点55を獲得して優勝を決め、第39回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントとの2冠を達成した。

 関西学院大に所属するFW呉屋大翔は31得点を挙げ、チームを優勝に導く活躍を見せた。大阪産業大学との開幕戦に出場すると、いきなり4得点を挙げた。その後21試合に出場し、2位の阪南大学FW前田央樹に12点差をつけて、3年連続の得点王となった。31得点の内、PKによる得点は3で、1試合平均は1.48となっている。

 また、呉屋は8月に2016シーズン新加入選手としてガンバ大阪との仮契約が発表されている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
36pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る