2015.11.13

筑波大、関東学院大、東洋大…1部昇格を果たすのは/関東大学リーグ2部第22節プレビュー

 JR東日本カップ2015第89回関東大学サッカー2部後期リーグ第22節(最終節)が11月14日に各地で行われる。

 今シーズンの2部リーグは、すでに日本体育大学の優勝および1部昇格が决定。残り1枠となった昇格争いは、第21節までを終えて2位筑波大学、3位関東学院大学、4位東洋大学の3チームに絞られている。最終節では、筑波大と東洋大、関東学院大と日体大が同時刻に別会場で対戦する。

 それぞれの立場から昇格の条件を整理する。今シーズン、創部初の2部リーグに臨んでいる筑波大は、東洋大に勝利すると1年での1部復帰が決まる。また、同試合に引き分けても、関東学院大が引き分け以下に終われば昇格を果たすことができる。一方、2013年以来となる2度目の昇格を目指す東洋大は、筑波大に2点差以上をつけて勝利することが必須。その上で、関東学院大が引き分け以下に終わることを祈らなければならない。両チームの前期での対戦は1-1のドローに終わっており、今節も緊迫した戦いとなることが予想される。

 初昇格を目指す関東学院大は、日体大に勝利し、筑波大が引き分け以下に終わると昇格となる。同試合に引き分け、東洋大が筑波大に勝利すると3チームが同勝ち点で並ぶが、関東学院大は得失点差で2チームを上回ることができないため、昇格の可能性はない。対戦相手の日体大はすでに優勝、昇格を果たしているが、4年生にとって大学最後の公式戦で有終の美を飾るべく、決して手を緩めてくることはないだろう。
 
 これまで数多くの名選手をプロの世界に輩出してきた名門、筑波大が1年での復帰を果たすか、それとも近年の2部リーグで激しい昇格争いを繰り広げている関東学院大、東洋大が悲願を達成するか。注目が集まる。

 昇格争いの行方と第21節までの順位表、第22節の対戦カードは以下のとおり。

■昇格争いの行方
筑波大(○)…筑波大が昇格
筑波大vs東洋大(△)関東学院大(○)…関東学院大が昇格
筑波大vs東洋大(△)関東学院大(△×)…筑波大が昇格
東洋大(○)関東学院大(○)…関東学院大が昇格
東洋大(○)関東学院大(△)…筑波大or東洋大が昇格(同勝ち点で3チームが並び、得失点差勝負)
東洋大(○)関東学院大(×)…筑波大or東洋大が昇格(筑波大と東洋大が同勝ち点で並び、得失点差勝負)

■■関東大学リーグ2部順位表
1位:日本体育大学(勝ち点49/得失点差+29)
2位:筑波大学(勝ち点45/得失点差+26)
3位:関東学院大学(勝ち点44/得失点差+23)
4位:東洋大学(勝ち点42/得失点差+23)
5位:青山学院大学(勝ち点33/得失点差-2)
6位:朝鮮大学校(勝ち点28/得失点差-1)
7位:東京学芸大学(勝ち点25/得失点差-2)
8位:東海大学(勝ち点23/得失点差-18)
9位:拓殖大学(勝ち点22/得失点差-7)
10位:東京国際大学(勝ち点19/得失点差-12)
11位:産業能率大学(勝ち点13/得失点差-29)
12位:日本大学(勝ち点13/得失点差-30)

■関東大学リーグ2部第22節対戦カード
11月14日開催
拓殖大 vs 東海大[日体大G/11時30分キックオフ]
東京国際大 vs 青山学院大[東国大G/11時30分キックオフ]
産業能率大 vs 日本大[産能大G/11時30分キックオフ]
日体大 vs 関東学院大[日体大G/13時50分キックオフ]
筑波大 vs 東洋大[東国大G/13時50分キックオフ]
東学大 vs 朝鮮大[産能大G/13時50分キックオフ]

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る