2015.11.07

【大学サッカー/注目選手】MF徳市寛人(東洋大)…努力に勝る天才なし

文=藤井圭(スポーツ東洋)、写真=藤井圭、村田真奈美(スポーツ東洋)

 東洋大学が創部初の全国大会へ進出し、歴史的な1勝を挙げた。この歓喜の輪の中心には、決勝点を決めた彼がいた。背番号12、MF徳市寛人である。

 徳市は豊富な運動量と危機察知能力で、相手の攻撃の芽を摘む中盤のつぶし役を担う。彼は高校サッカーの名門、東福岡高校の出身。高校時代は最後尾からチームを支え貢献した。さらにキャプテンとしてチームをけん引し、「結果を残すことと、チームの形を意識してやっていた」と個人よりもチームを尊重してプレーしていた。

 高校卒業後、東洋大学へ進学する。「九州から見ていて、関東リーグは一番レベルが高いと思っていたので、その環境でやりたかった。その中で東洋大はいいサッカーをすると聞いていた」と、この大学を選んだ。東福岡高の伝統的なサイドアタックとは異なり、東洋大はポゼッションサッカーを志向する。「高校ではただ漠然とバルセロナに憧れてポゼッションサッカーがやってみたいと思っていた。だけど実際に東洋大へ入ってみたら、選手たちの戦術への知識や技術の高さに、自分は今まで何をやってきたのかとショックを受けた」。さらに不運なことに、1年生の入部前のセレクションでけがを負ってしまう。当分は外からサッカー部を見る日が続く。「こんなにボールを回すのかと。まずはここに追いつかなければいけないと外から見てて感じていた」と当時の心境を語った。新たなスタイルに戸惑いながらも、ひたむきに努力を重ねた。大学では高校のポジションとは一つ前のボランチとして、自分の立場を確立する。

 彼の名前を世に知らしめたのが、今年の夏に行われた総理大臣杯2回戦、大阪体育大学戦。1点を先制するも終了間際に同点にされる。延長戦も頭にちらつく状況で、徳市は後半アディショナルタイムに起死回生の勝ち越しゴールを決めた。普段は縁の下の力持ち的な存在でチームを締める徳市だが、この日は途中出場ながら、試合を決める1点を決めて喜びを爆発させた。さらに今夏は天皇杯予選で、J3のFC町田ゼルビアと対戦。様々なカテゴリーのチームと対峙して「自分の長所が彼らの中では普通なのかと感じた」。まだまだ課題もある。「自分の持ち味に、プラスアルファでポゼッションの技術であったり、タイミングをもっと工夫したい」。つぶし役であるだけでなく、自分からも積極的にボールの支配に絡む姿勢を見せる。

 目標とする選手は、元バルセロナでキャプテンを務めていたDFカルラス・プジョルの名を挙げた。「特別に技術のうまい選手というわけではないが、劣勢の時にチームを鼓舞する熱血さはとても大事だと感じさせられる。技巧派なバルサのメンバーの中でも、あれだけ出ているのはすごい」。インタビューには淡々と話をしてくれる徳市だが、試合中は熱くチームを鼓舞している。その姿はプジョルに通ずるものがあるのでないか。そして将来の目標として当然、サッカー選手を一番に置いている。だが根底として「人間的に頼られたり、難しい仕事でも任せてもらえるような人になりたい」。徳市の言葉の数々から強い責任感とキャプテンシーが感じられた。

 母校の校訓である「努力に勝る天才なし 意思あるところに道あり」を胸に努力に励む。高い壁だろうとも、どんな敵であっても、ボールを奪いに行く。高い向上心を持った徳市寛人のさらなる飛躍を見届けたい。

徳市2 撮影者=村田真奈美

------------------------------------------
選手のプロフィールはスポーツ東洋のホームページ(http://sports-toyo.com/news/detail/id/2756)をご覧ください!

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る