2015.10.20

【大学サッカー/注目選手】東洋大MF小山北斗、約1年半ぶりのゴールで逆転勝利に導く

文=當麻彰紘(スポーツ東洋)、写真=村田真奈美(スポーツ東洋)

 逆転劇の主役となったのは意外な男だった。関東大学サッカーリーグ戦2部リーグ第18節の青山大学戦、1-1で迎えた80分、左サイドからのクロスボールを仙頭啓矢が粘り強くキープすると、最後に仕上げたのは小山北斗だった。右足で放たれたミドルシュートは力強くゴール右隅に吸いこまれる。「喜び方がわからないのでとりあえず応援席の方へ行きました」と話す程の久々のゴール。昨年の第3節、産業能率大学戦以来、約1年半ぶりのゴールがチームを勝利へと導いた。

 小山北は攻守にわたって存在感を放つ選手だ。ここ数試合はボランチでコンビを組む高橋宏季の攻撃センスを生かすため、どちらかといえば守備的なプレーに重きを置いている。だが、ここでは「状況を見て行けると思った」と前へポジションを取る、これが功を奏した。「ボランチの選手たちは全体練習が終わった後にミドルシュートの練習を自主練でやってくれていた」と語るのは古川監督。ボランチというポジションである以上、試合中にミドルシュートを打つ場面が訪れる可能性は高い。その中で「枠を外さないように」と狙ったシュートは見事にゴールネットを揺らした。「彼らがやってくれた積み重ねの結果がこのような大事な段階で出た」と古川監督も絶賛した。

 次節、勝てば優勝となる日本体育大学をホーム、東洋大朝霞グラウンドに迎え撃つ。「自分たちのグラウンドでは絶対優勝させないように死ぬ気で勝ちにいきたい」。強い信念を持って、“東洋のダイナモ”は常に全力でチームを鼓舞する。

------------------------------------------
選手のコメントはスポーツ東洋のホームページ(http://sports-toyo.com/news/detail/id/2763)をご覧ください!

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る