2015.10.04

明治大、3試合連続無失点も神奈川大とドロー/関東大学リーグ1部

文=渡邊弘基(明大スポーツ) 

 両校痛み分けのドローとなった。前節の桐蔭横浜大学戦で快勝し、次に迎えた神奈川大学戦。前半はミスやビルドアップがうまくいかず、神奈川大に決定機を与えてしまい、GK服部一輝がチームを救うことも。後半はボールをつなぐ明治大学らしいサッカーを展開し、ゲームを支配した。流動的に攻撃していくが、試合終了までゴールネットを揺らすことはできなかった。0-0と引き分けで、お互いに勝ち点1を分けあうことになった。

 守護神の壁は厚い。今節、明治大のシュート数5本に対して神奈川大は9本と2倍近い差があったが、0-0のスコアレスで試合を終えることに成功。その立役者がGKの服部だ。後半開始直後、ペナルティーエリア右前でFKを許してしまった明治大。相手キッカーが蹴ったシュートはカーブし、ゴール右上に飛んでいった。あわやゴールかと思われたが、服部のビッグセーブで阻止。「準備をしていたら当たり前に止められること」(服部)。アミノバイタルカップで開花した守護神にとってビッグセーブなど容易なことだった。チームが良いとは限らない。GKの活躍が光るのはチーム全体のプレーがうまくいっていないということ。5試合中4試合は無失点で守り抜き、堅守を見せてはいる。しかしGK頼りになってはいけない。チーム全体での組織的守備が必要となる。

 優勝するための課題が見えた。前半の立ち上がりからパスでつながず、前へ大きく蹴り出すことで間延びを生み、高さで分がある神奈川大にボールを取られることに。また「判断が遅かった」(FW和泉竜司)と一つ一つのプレーが遅くボールロストを招き、前半は神奈川大にペースを握られてしまう。「相手のいいところを出させてしまった」(栗田大輔監督)とリズムを作れず、逆に神奈川大らしさを出させることになった。後半になると本来の明治大の動きを取り戻し、ラスト15分には猛攻を見せたが最後まで得点は奪えず。国士舘大戦、慶應大戦など今後控えている強豪校との試合で同じことを繰り返したらドローでは済まない。徹底した修正が求められる。

 次につなぐことはできた。勝ち点1を得て、順位を一つ落とし暫定5位となった明治大。しかし、「負けなかったのは前向きに捉えるべき」(和泉)と敗戦は避けられた。次節は暫定6位の法政大学戦。優勝の夢を胸に勝ち点3をつかみ取る。

---------------------
明大スポーツのweb(http://www.meispo.net/news.php?news_id=8913)では、記事の他に試合後のコメントも掲載しております!Twitter(@meisupo)では試合の速報をしています。
さらに、webでは注目選手のインタビューや連載企画を不定期に更新しています!サッカー部のみならず、明治大学体育会情報が満載ですので、是非一度アクセスをお願い致します!

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る