2015.08.15

PK戦で流経大に勝利! 2年越しの雪辱を果たす/総理大臣杯

文=渡邊弘基(明大スポーツ)

 2年越しの雪辱を果たした。総理大臣杯準決勝は2年前の決勝で逆転負けを喫した流通経済大学との大一番。明治大学は今大会初の3-4-3の布陣を用い試合を優位に運ぶと、前半9分には差波優人のFKに鳥海晃司がダイビングヘッドで合わせ先制。後半は押しこまれる時間が続くも、最後の部分で相手に自由にさせず失点は許さなかった。しかし後半アディショナルタイムにCKから痛恨の同点弾を決められる。その後は、延長戦でも勝敗は決まらずPK戦へ。服部一輝が3本目を止め、5-4で勝利した。16日に行われる関西学院大学との決勝に駒を進めた。

 立ちあがると自らの右腕にほえた。「最初は左に飛ぼうと思っていたけど、直感的に右に飛んだ」(服部)。流経大の3番目のキッカーが蹴った右枠へのシュートは、しっかりと服部の右腕に弾かれた。「いつもは読みで飛んでいる」GKが直感で、殊勲のPKストップを見せた。

「今日は“持っている”からいけるかなって思っていた」延長後半開始直後、あわやゴールのヘディングシュートを防ぐなどこの試合服部は再三のビッグセーブ。GKとして当たりに当たっていた。「今日もファインセーブをやってくれましたし、その流れがPKにつながったと思う」と栗田大輔監督。6月のアミノバイタルカップ以降、正GKの座を射止めた服部が、その力をこの大舞台で証明した。

 逆転は許さなかった。後半アディショナルタイムのラストワンプレー。相手の右CKからヘディングを決められ、まさかの同点弾を決められた。しかし動じなかった。「やっぱりサッカーは何が起こるかわからないなというのを感じた」と鳥海。試合前日のミーティングで2年前の逆転負けを喫したビデオを見ることで流経大の強さ、そしてトーナメントの怖さをチームは再確認していた。だから相手に流れが傾かざるを得ない展開でも、誰一人下を向かなかった。「PKでも良い」(小出悠太)と、延長前半の入りから気持ちを切り替えてプレー。勢いに乗る流経大を、一瞬も集中を切らさず守りきりPK戦に持ちこんだ。試合後には「勝てたことが良かった。また一つ成長できた」と栗田監督。逆境を乗り越え勝利をつかんだ選手たちの成長を確かに感じていた。

「負けたら何の意味ないので」(和泉竜司)。残すは関西王者の関西学院大との決勝戦。2年前に流経大に逆転負けで逃した日本一のタイトル。再び立つ総理大臣杯決勝の舞台で求めるのは勝利だけだ。「相手どうこうで変えるのではなくて自分たちが取り組んでいることをやれば、結果はついてくる」と差波。今まで積みあげてきた明大サッカーを出すだけだ。そして背負う思いもある。「チーム、応援してくれる人、流経や今まで戦ってきたチームの分もしっかり戦って優勝できるように」(和泉)と決勝で戦うことのできる重みも受け止めている。真夏の大阪で「2年前の忘れ物」(高橋諒)、創部初の日本一をつかみ新しい歴史を刻む。

---------------------
明大スポーツのweb(http://www.meispo.net/news.php?news_id=8653)では、記事の他に試合後のコメントも掲載しております!Twitter(@meisupo)では試合の速報をしています。
さらに、webでは注目選手のインタビューや連載企画を不定期に更新しています!サッカー部のみならず、明治大学体育会情報が満載ですので、是非一度アクセスをお願い致します!

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る