2015.11.29

プレミアWEST初制覇のガンバ大阪ユース…CS準決勝には宇佐美らユース出身選手6人が勝利に貢献

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2014プレミアリーグWEST、優勝したセレッソ大阪U-18と勝ち点1差で、2位に終わったガンバ大阪ユース。今年は第17節でヴィッセル神戸U-18に2-0で勝利し、最終節を残しての優勝を決めた。この試合には、高校3年生のDF初瀬亮、MF市丸瑞希、FW髙木彰人、高校2年生のMF堂安律、2016シーズンにトップチーム仮契約を結んだ4選手がスタメンに名を連ねた。

 G大阪ユースはこれまで、Jリーグユースカップ選手権大会で4度の優勝と3度の準優勝を達成。日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会でも、3度の優勝と2度の準優勝を記録した。

 また、ユース初代キャプテンのDF宮本恒靖(元ヴィッセル神戸)をはじめ、MF稲本潤一(コンサドーレ札幌)、FW大黒将志(京都サンガF.C.)、MF二川孝広(G大阪)、MF家長昭博(大宮アルディージャ)、DF安田理大(ヴィッセル神戸)、FW宇佐美貴史(G大阪)ら多くの日本代表選手を輩出してきた。

 28日に開催された明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ準決勝の浦和レッズ戦でも、DF西野貴治、DF丹羽大輝、MF大森晃太郎、宇佐美のスタメン4選手に加え、MF井手口陽介、MF倉田秋の計6人のユース出身選手が出場を果たし、3-1の勝利に貢献した。

 G大阪ユース出身選手の主な現役プロサッカー選手は以下のとおり。()は現所属チーム

橋本英郎(セレッソ大阪)
稲本潤一(コンサドーレ札幌)
二川孝広(G大阪)
大黒将志(京都サンガF.C.)
井川祐輔(川崎フロンターレ)
丹羽大輝(G大阪)
家長昭博(大宮アルディージャ)
安田理大(ヴィッセル神戸)
平井将生(アビスパ福岡)
横谷繁(大宮アルディージャ)
倉田秋(G大阪)
下平匠(横浜F・マリノス)
菅沼駿哉(京都サンガF.C.)
田中裕人(ジュビロ磐田)
宇佐美貴史(G大阪)
大森晃太郎(G大阪)
西野貴治(G大阪)
井手口陽介(G大阪)

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る