2015.11.12

渡邉千真が最多20得点を記録、赤﨑秀平は1年時に得点王を獲得…関東大学リーグ過去10回大会得点ランクトップ選手

 JR東日本カップ2015第89回関東大学サッカーリーグ1部残り1節で、2位の選手と6ゴール差をつけて、17ゴールを挙げているFW松本孝平(国士舘大学)が得点王をほぼ確実なものとしている。

 関東大学サッカーリーグ1部で得点ランキングトップに輝き、後にJリーグで活躍する選手は多い。

 2006年には、当時3年生のFW渡邉千真(早稲田大学)が14得点、翌年には20得点を挙げ、2年連続の得点王となり、その後横浜F・マリノスに入団。2010年は、当時1年生のFW赤﨑秀平(筑波大学)がトップの15ゴールをマーク。2011年はFW阪野豊史(明治大学)が受賞したが、2012年には再び得点王に返り咲き、鹿島アントラーズに加入した。

 前々回大会はFW仲川輝人(専修大学)が輝く一方で、現日本代表のFW武藤嘉紀(慶應義塾大学)が19試合で10ゴールを記録。前回大会はFW前澤甲気(専修大)が得点ランキングトップとなったが、大会が規定する14ゴールに1点届かず、得点王受賞には至らなかった。

 12校によるリーグ戦(前期後期制)が開催されるようになった2005年から、得点ランキングトップに輝いた選手は以下のとおり。(入団先は大学卒業後のチーム)

■2005年度
井上平(法政大学→東京ヴェルディ) 14得点

■2006年度
渡邉千真(早稲田大学→横浜F・マリノス) 14得点

■2007年度
渡邉千真(早稲田大学→横浜F・マリノス) 20得点

■2008年度
木島悠(筑波大学→清水エスパルス) 18得点

■2009年度
船山貴之(流通経済大学→栃木SC)、鈴木寛一(中央大学) 12得点

■2010年度
赤﨑秀平(筑波大学→鹿島アントラーズ) 15得点

■2011年度
阪野豊史(明治大学→浦和レッズ) 16得点

■2012年度
赤﨑秀平(筑波大学→鹿島アントラーズ) 17得点

■2013年度
仲川輝人(専修大学→横浜F・マリノス)15得点 

■2014年度
前澤甲気(専修大学→ソニー仙台)13得点

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る