2016.01.12

U-18日本代表、U-18カザフスタン代表との打ち合いを制す

 ロシア遠征を行っているU-18日本代表は1月11日、第28回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメントの9位決定戦でU-18カザフスタン代表と対戦した。

 日本は28分にオウンゴールで先制を許すと、32分にはFKから追加点を奪われ、2点をリードされて前半を折り返す。後半に入ると、61分にMF伊藤洋輝、64分にはFW伊藤涼太郎が得点を挙げ、同点に追いつく。すると84分にCKからDF森下怜哉がヘディングシュートで決勝点を決めて3-2で勝利し、9位で大会を終えた。

【スコア】
U-18カザフスタン代表 2-3 U-18日本代表

【得点者】
1-0 失点(U-18カザフスタン代表)
2-0 失点(U-18カザフスタン代表)
2-1 伊藤洋輝(U-18日本代表)
2-2 伊藤涼太郎(U-18日本代表)
2-3 森下怜哉(U-18日本代表)

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る