2016.01.07

U-18日本代表、打ち合いの末U-18サンクトペテルブルク選抜に敗れる

 ロシア遠征を行っているU-18日本代表は1月4日、第28回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメントの第2戦でU-18サンクトペテルブルク選抜と対戦した。

 日本は5分に先制されるも、27分と41分にFW伊藤涼太郎が得点を挙げ逆転に成功する。しかし、55分と63分にゴールを奪われ、勝ち越しを許す。64分にFW中村駿太の得点で同点に追いつくも、86分にFKから決勝点を決められ、3-4で敗れた。

【スコア】
U-18サンクトペテルブルク選抜 4-3 U-18日本代表

【得点者】
1-0 失点(U-18サンクトペテルブルク選抜)
1-1 伊藤涼太郎(U-18日本代表)
1-2 伊藤涼太郎(U-18日本代表)
2-2 失点(U-18サンクトペテルブルク選抜)
3-2 失点(U-18サンクトペテルブルク選抜)
3-3 中村駿太(U-18日本代表)
4-3 失点(U-18サンクトペテルブルク選抜)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る