2015.12.12

2ゴールを決めたU-15日本代表候補FW宮代大聖「決定力やラストパスの質が課題」

BANGKOK, THAILAND - JULY 23: Taisei Miyashiro #11 of Japan looks the ball during the friendly match between Thailand U-16 and Japan U-15 at Leo Stadium on July 23, 2015 in Bangkok, Thailand. (Photo by Thananuwat Srirasant/Getty Images)

 U-15日本代表候補は熊本県内にて、12月8日から行われているトレーニングキャンプの4日目となる11日にU-15韓国代表と親善試合を行い、4-1で勝利した。試合後の選手コメントを日本サッカー協会の公式HPが伝えている。

 川崎フロンターレU-15に所属するFW宮代大聖は「今日の試合はウォーミングアップからチームの雰囲気が良くチーム一丸となり、最後まで皆で戦えたと思う。攻守の切り替えも早く、相手DFを左右に動かすことでチャンスを作れたことは良かった」と試合を振り返った。

 また、FCゼブラのMF東俊希は「短時間の出場時間だったが、自分の特徴であるドリブルからシュートまで持ち込む形ができて良かった。チームとしても前回負けたU-15韓国代表に勝てたことは大きいと思う」と語った。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る