2015.12.11

U-18代表候補FW小川航基「ゴールでアピールできなかったことが課題」

 千葉県市原市にて、12月8日から行われているU-18日本代表候補トレーニングキャンプ。U-18日本代表候補は、キャンプ最終日に流通経済大学と練習試合を行い、1-2で敗れた。試合後の選手コメントを日本サッカー協会の公式HPが伝えている。

 桐光学園高校FW小川航基は、「今日の試合では課題ばかり残るものになりました。ボールを支配される時間が長く、なかなか自分たちのサッカーをさせてもらえませんでした」と試合を振り返った。また、個人のパフォーマンスについては「チャンスはたくさんありましたが、ゴールという形でアピールできなかったことが課題です」と語った。

 一方、今回初召集されたサンフレッチェ広島ユースのGK大迫敬介は、「今回の遠征は、2つ3つ上の年代の選手とプレーするということでとても緊張しつつ、楽しみにしていたキャンプでした。オフザビッチの所では食事会場などでコミュニケーションをとることを意識しました」と今回のキャンプを振り返った。また、「GKとしては、ゴールを守る技術準備のところでとても学ぶことが多かったです」と収穫を口にした。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
36pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る