FOLLOW US

U-15日本代表、20日に香港と対戦…FW山田寛人「最高の試合にしたい」/AFC U-16選手権2016予選

 9月19日、U-15日本代表は20日にモンゴルで開催されるAFC U-16選手権2016予選グループリーグ第2節、香港戦に向けたトレーニングを行った。トレーニング後の選手のコメントを日本サッカー協会の公式HPが伝えている。

 DF小林友希(ヴィッセル神戸U-15)は香港の印象について、「DFラインから丁寧にボールをつないで、サイドから攻撃を仕掛けるチーム」と話し、「香港の良さを前線からの積極的なプレスやコーチングで抑えたい」と意気込んでいる。また、「1回1回のトレーニングにみんなが集中しているので、チームは雰囲気含め非常に充実している」とチームの状態についても明かした。

 一方、FW山田寛人(セレッソ大阪U-18)は「香港代表は攻撃の形もあり、パスも回すし、特徴のある選手もいますが、自分たちのサッカーをやり続ければチャンスは何度も作れると思う」とコメント。「気候にも慣れ、何度も試合会場で練習し、充実したトレーニングは積めているので準備はできている」と、ここまでの練習に手応えをつかんでいる様子で、「みんなでこれまでトレーニングしてきた成果を発揮して、最高の試合にしたい」と抱負を述べている。

 U-15日本代表は香港に勝利するとグループ1位となり、来年9月にインドで開催されるAFC U-16選手権への出場権を手にする。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA